くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

江戸時代のお金の借り方「金子借用手形」

史料

借用証文

※無断転載禁止

解読文

金子借用手形之事/一 金拾両㊞也 但し通用金之内

右者我等要用ニ差支、貴殿江御無心申書面、金慥ニ借用申所実正也、但し此金返済義者、来ル卯八月中元利共ニ急度返済可申候、若又其節金子出来兼候ハヽ、我等持高ノ内名所すふぎんニて麦畑壱斗八升符、外ニかわら内麦畑壱斗八升符合三斗六㊞升符、証文認直し相渉可申候、此畑ニ付先判横合等決而無御座候、貴殿少も御苦難相懸ケ申間敷候、為後日手形一札如件

嘉永七年寅九月/借用人・幸太郎㊞、証人・和惣次㊞/忠五郎殿/前書通り相違無御座候ニ付、致奥印者也 名主・万平㊞(読み下し文はこちら

現代語訳

借用証書の事/金10両(約750,000円)を借りました。但しこれは世の中に通用している金貨です。右は我らが必要なお金に困り、貴殿から用立て申し上げ、お金を確かにお借りしましたことに間違いありません。但し返済のことは、来る(嘉永6)年8月中に元利ともに必ず返済いたします。

もしその時にお金が工面できなかった場合、我らの持高のうち住所(小字)すふぎん・麦畑1斗8升(36kg)の外に(小字)かわらのうち麦畑1斗8升、合わせて3斗6升(72kg)を証拠のため書き改めお渡し申し上げます。この畑に付き前の証文や外から文句をいう人は決してございません。貴殿へ少しもご迷惑をおかけすることはありません。今後のため書面にて申し上げます。嘉永7年(江戸後期)寅9月/借用人・幸太郎㊞、証人・和惣次㊞/忠五郎殿/前述の通り間違いありませんので文書の最後に証拠として押印します。名主・万平㊞

解説

背景

江戸時代の中後期ともなると、農村に貨幣が流れてきて石高制などという前近代的な制度にも限界がきます。農村では農業だけでは食べていけない人々が増え、格差が広がりました。このような背景があるので、史料の幸太郎さんは詳細は述べていませんが、贅沢などしていないにも関わらず年貢納入などのため金拾両も借りなければいけなくなったとほぼ言い切れます。

難読文字

史料は典型的な借用手形だと思うのですが、解読に苦労しました。

麦畑壱斗八升符の「符」は分(ぶ)の当て字かと思います。ちなみに京桝・一升は方四寸九分・深さニ寸七分。このように分は長さの単位でなのですが、現在容積を表すのにℓ(リットル)やm3(立方メートル)など様々な表し方があるように、江戸時代においても石高すなわち容積を表す方法にもいろいろあったのかなと。

また当て字は他にもあって、六行目末の「渉」は恐らく「渡」の当て字で、頭の体操になります?

五行目前半の仮名は住所(小字)で「すふぎん」で宜しいでしょうか?困った時の訪問者さんとういことで(笑)。わかった方は「符」を含め正否をメールにてお知らせいただければ幸いです。お待ちしております♪

  

史料情報

  • 表題:金子借用手形之事(金拾両也)
  • 年代:嘉永7年寅9月
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家764
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.済口証文

14.金子請取 15.借用手形/16.質地証文 解読文,17.解説/18.年貢定免請状 19.年貢受取状

20.変死体の処理その1,21.その2,22.その3/23.村絵図とは 24.右側解読 25.左側解読/26.急廻状請取り

関連記事

吉田市右衛門

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと/5.村の人口減少/6.父の遺言

7.水害の影響/8.幕府へ貸付/9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名