くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

年貢受取状

史料

年貢受取状

※無断転載禁止

解読文

田畑御年貢受取申事/一㊞米弐斗五升九合四勺六才・此金鐚壱貫拾三文 田方/一㊞鐚六百拾八文・一㊞鐚弐百廿三文 畑方/高三十分

右之通り皆済二而慥二受取申候、若し勘定相違仕候て重而仕直し可申候、為念之一札依而如件/宝暦六子年閏十一月廿八日 名主・重兵衛㊞/平兵衛殿

読み下し文

田畑御年貢受取り申す事/一㊞米弐斗五升九合四勺六才・この金鐚壱貫拾三文 田方

一㊞鐚六百拾八文・一㊞鐚弐百廿三文 畑方/高(たか)三十分(ぶ)

右之通り皆済にて慥(たしか)に受取り申し候、若し勘定相違仕り候て重ねて仕り直し申すべく候、念のための一札よってくだんのごとし/宝暦六子(ね)年閏(うるう)十一月廿(にじゅう)八日 名主・重兵衛㊞/平兵衛殿

現代語訳

田畑の年貢を受取りました。田の年貢についてはお米2斗5升9合4勺6才(約40kg)と1貫23文(約12,000円)で納めていただきました。畑の年貢については、鐚618文(約7,500円)を納めていただいたあと、鐚223文(約2,700円)で納めていただきました。田畑の生産高は30分(約450kg)です。

右の通りあなたは完済し、確かに受け取りました。もし勘定に間違いがありましたら直しますので申し付けください。念のため書面にて記しました。宝暦(江戸中期)六十一月廿八日 名主・重兵衛/平兵衛殿

解説

年貢は個人でを納めるのではなく村単位で納めます。百姓はその年一年田畑を耕し、村の郷蔵に年貢を納め、村が領主に年貢を納めると、村は領主から年貢皆済状という領収書をもらいます。そのサイクルはこちらの図を参照のこと

年貢皆済状は様々な文献でよく見るのですが、私の勉強不足もあってか、名主が百姓個人に出す文書はこの史料以外、目にしたことがありませんでした。したがって、このページのタイトルの年貢受取状とは、領主が村に出す年貢受取状と区別して私が勝手に命名したものです。

けだし、自分が百姓だとして年貢を完済したならば、名主から何らかの文書はもらっておきたいもの。よって史料のような領収書はあってしかるべきでしょう。

さて、史料の数字の上の押印は改ざん防止です。年貢を一度に完済するのは難しく、児玉幸多『近世農民生活史』(吉川弘文館、2006)によると二、三回に分けて納めるのが普通のようです。

  

史料情報

  • 表題:質地証文之事(下畑・荒山、壱反壱畝十五歩)
  • 年代:天保11庚子.11./出所:名主源兵衛外1名/宛所:たよ
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家397
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.済口証文/14.金子証文

15.質地証文 解読文,16.解説/17.年貢定免請状/18.年貢受取状/19.村絵図とは,20.右側解読,21.左側解読

22.急廻状請取り

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など/5.勧化・旅僧・座頭など

6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!/8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前/10.宛名と返信