くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 数字の解読

数字の解読6

銭貨(貫、文)のくずし字解読

史料

例1 例2 例3 例4
銭壱貫弐百文 銭弐貫文 鐚六百拾八文 銭四百八拾四文
銭壱貫弐百文 銭弐貫文 鐚六百拾八文 銭四百八拾四文
瞽女(ごぜ)への支払い 年貢運搬費 畑年貢初納分 旅僧・座頭への支払い
約14,400円 約24,000円 約7,500円 約5,808円

解説

概要

  • 銭貨単位:貫(かん)、文(もん)
  • 銭一貫=一〇〇〇文
  • 江戸時代、銭貨は主に全国で、庶民・農民が使いました。

解読法

  1. 貫は「〆」の字を当てることがあります。
  2. 銭貨において、貫の単位きっかりで文の単位にわたらない場合は、例2のように「貫文」と記します。
  3. 例3の鐚は、鐚銭の略で主として銭貨を指します。

江戸時代の貨幣は、金貨銀貨・銭貨と三つあり単位もそれぞれ違い複雑ですが、銭貨の単位は貫と文しかありませんので、三貨の中で一番解読しやすいです。然しながら、上記解読法3点を頭に入れていないと難儀すると思いますので、押さえておいてください。

  

数字の解読

1.十干/2.十二支/3.閏月/4.金貨/5.銀貨/6.銭貨/7./8.面積/9.石高

関連記事

金子証文質地証文たみ奉公ニ付 解読文森重郎奉公ニ付その1,その2,その3

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山