くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 度量衡講座

度量衡講座その11

一文っていくら?銭貨の換算

江戸時代 銭貨

寛永通宝 天保通宝 一貫文
一文銭 百文銭 一貫文
寛永通宝 天保通宝 「さし」という紐に一文銭を一千枚通す

単位

三貨幣度

金貨 銀貨 銭貨
分(歩)
朱(銖) -
  • 銭貨単位:貫(かん)、文(もん)/くずし字
  • 銭一貫=一〇〇〇文
  • 江戸時代、銭貨は主に全国で、庶民・農民が使いました。

銭一文(もん)っていくら?

銭一文は現代で約12円です。

計算式

  1. 江戸時代中後期において金一両は、六千五百文に相当します[註1]。
  2. 金一両は現代で約75,000円です。
  3. よって一文は、75,000円÷6,500文=11.53846…≒12円

解説

江戸時代の貨幣には、金貨、銀貨、銭貨の3つがあり、文(もん)は銭貨の単位です。江戸時代の代表的貨幣である寛永通宝一枚が一文にあたります。庶民・農民が使う貨幣は、金貨銀貨ではなく銭貨です。

銭百文っていくら?

銭百文は現代で約1,152円です。

普通一文銭九六枚で百文として通用したので、銭一文を12円として、12×96=1,152。銀一匁と同じくらいの額です。天保通宝は百文銭とも言われているのですが、これは実際に八〇文の価値しかありません。

一貫文っていくら?

一貫文は現代で約11,520円です。

一文銭をひもに一千枚通したものを一貫文と言い、千文が一貫となります。上記で銭百文を1,152円としたので、これに10を掛けて一貫文を11,520円としました。

  

補註

註1:江戸東京博物館『図表でみる江戸・東京の世界』(江戸東京博物館、1998年)

度量衡講座

1.石高(こくだか)とは/2.面積の単位/3.石盛(こくもり)とは/4.石盛と石高を極める・その1 5.その2

6.1貫の重さ/ 7.長さの単位/8.江戸時代の貨幣/9.金貨の換算/10.銀貨の換算/11.銭貨の換算

関連記事

数字の解読

金貨銀貨銭貨面積

証文

金子証文質地証文 解読文年貢定免請状