くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 度量衡講座

度量衡講座2

面積の単位

概要

  • 江戸時代、土地の面積は町(ちょう)・反(たん)・畝(せ)・歩(ぶ)で表します。/くずし字
  • 一町=一〇反、一反=一〇畝、一畝=三〇歩

詳細

グラウンド

一町(ちょう)=1ヘクタール。

一辺が100mの正方形と同じ広さであり、面積にして100m×100m=10,000㎡になります。(運動場1周で200メートル走ができる)学校のグラウンドくらいの広さです。

また町は長さの単位としても使われました。

体育館

反(一段)

一反(たん)は、畳六〇〇畳分。

一辺が約31.5mの正方形と同じ広さであり、面積にして31.5m×31.5m=約992㎡すなわち1,000㎡くらい。学校の体育館くらいの広さです。

反を段と書く場合があります。どちらも「たん」と読み、意味も同じです。

教室

一畝(せ)=三〇歩=約100㎡(約1アール)。

学校の教室くらいの広さ。畝は聞き慣れないと思いますが、江戸時代のくずし字が示すように、面積の単位に使われていました。

畳

一歩(ぶ)=約3.3㎡=一坪。畳二畳分。

一反から取れる米の量

一反の土地からは江戸時代、一石強の米が取れました。米一石重さにして150kg。現在は品種改良や機械が発達したので、土地の良しあしありますが、一反から500kgくらいのお米は取れます。

参考文献

大石学 監修『古文書解読事典』(東京堂出版、2000年)

度量衡講座

1.石高 2.面積 3.石盛 4.石盛と石高を極める1 5.その2

6.重さ 7.駄馬の種類と積載量 8.長さ

9.江戸時代の貨幣 10.金貨 11.銀貨 12.銭貨

関連記事

面積の解読村明細帳質地証文吉田市右衛門文書