くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. オススメの本

オススメの本11

江戸の寺子屋入門―算術を中心として

書籍情報

江戸の寺子屋入門―算術を中心として

著者:佐藤 健一, 野口 泰助, 千喜良 英二, 大竹 茂雄, 安富 有恒, 弦間 耕一

出版社:研成社,1996年

対象:古文書初心者~上級者

概要:江戸時代の数字にも強くなれます!

紹介文

古文書はもとより、数学がお好きな方にオススメな一冊。また数学な苦手な方は逆に、この一冊で数学に興味を持つことができるかもしれません。

江戸時代は算術が庶民の間でも流行っていました。本書は寺子屋の「読み・書き・そろばん」の読み書きだけでなく、そろばん――寺子屋で教えた計算方法などについても書かれている本です。

また、全国の寺子屋数、年代別 一校当たりの平均寺子数、どの水準まで教えたか、などお役立ち情報も多々あります。

三貨制度の貨幣単位、長さ広さなどの度量衡なども現代の私達にはなかなか理解しづらいです。しかし古文書を学ぶ以上、単位や数字は避けては通れません。

最近、和算は注目を浴びつつありますし、江戸時代の単位や数字あたりをわからないでうっかり済ましてきてしまった、古文書中・上級者にもオススメの手引書です。

  

オススメの本

手引書

8.古文書講師になれました-わたしの独学体験/9.おさらい古文書の基礎

10.寺子屋式 古文書手習い/11.江戸の寺子屋入門/12.演習古文書選 (近世編)

近世社会

13.近世の三大改革/14.近世村人のライフサイクル/15.百姓たちの江戸時代/16.生きることの近世史

歴史全般

17.陰陽五行と日本の民俗/18.折りたく柴の記

関連記事

重さの単位/換算:金貨銀貨銭貨