くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. オススメの本

オススメの本13

近世の三大改革 (日本史リブレット)

書籍情報

近世の三大改革 (日本史リブレット)

編者:藤田 覚

出版社:山川出版社,2002年

対象:古文書初心者~上級者

概要:江戸時代の三大改革を学校の教科書よりもわかりやすく解説してる本

紹介文

徳川幕府は享保、寛政、天保の三大改革の他にも、文政、安政の改革など、いくつもの改革を断行したのですが、何故、享保、寛政、天保の改革が三大改革と呼ばれるようになってしまったのか。そんな、そもそも論から始まる面白い一冊です。

幕府が三大改革を行った理由を、当時の時代背景を踏まえて解説しているので、三大改革のことがよくわかる以上に江戸時代はどのような社会問題や自然災害、外交問題があったのかを知ることができます。

定免制、足高の制、人返しの法、異国船打払い令、日光社参など固い単語も、徳川吉宗、松平定信、水野忠邦はもとより田沼意次、徳川綱吉、柳沢吉保、大岡忠相、遠山景元など、歴史好きなら誰でも知っている人物と共に楽しんで知ることができる硬派な本です。

古文書をやっていると知識がかたより、全体を見失うことがしばしばあります。そんな時、江戸時代の遠近の「遠」の視力を回復させてくれる、私にとっては遠用眼鏡のような本です。

  

オススメの本

近世概論

13.近世の三大改革/14.近世村人のライフサイクル/15.百姓たちの江戸時代/16.生きることの近世史

歴史全般

17.陰陽五行と日本の民俗/18.折りたく柴の記/19.忘れられた黒船

図鑑

20.図録 農民生活史事典/21.復元 江戸生活図鑑

関連記事

荻生徂徠『政談』

1.荻生徂徠とは/2.政談とは/3.譜代と出替り奉公人/4.旅宿暮らしの武家/5.武家は田舎に居住すべし!

6.江戸の医者の特徴/7.城下町居住の理由/8.外様と譜代の違い/9.貧困問題について/10.歴史に学べ!