くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 黒船来航史

黒船来航史5

阿部正弘の政策と決断 守られない日米和親条約

測量艦隊司令長官ロジャースと老中首座阿部正弘

体格もあちらに負けてない?阿部正弘。

ペリー来航後の、老中首座・阿部正弘三七歳と米国艦隊の知られざる駆け引きとは?!

阿部正弘の政治外交

福山藩主の六男・阿部正弘(あべまさひろ:文政二~安政四)は、水野忠邦の免職後、天保一四年(1843)に二五歳で老中になりました。

しかし譜代大名独占による老中制度では幕府の深刻な武威低下にあって、外交問題に対応できないため安政の政策を断行。

薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)、越前藩主・松平慶永(春嶽)、宇和島藩主・伊達宗城(むねなり)と連携し、水戸(徳川)斉昭(なりあき)を幕政参与とし、将軍後継として一橋慶喜を推しました。

また海防掛(かいぼうがかり)[1]を任命し、旗本子弟に剣・槍や洋式訓練を行う講武所(こうぶしょ)を設置。加えて江川英龍(太郎左衛門)に命じて、品川台場を造営させました。また幕臣以外にも広く門戸を開放して、洋学研究教育機関・蕃書調所(ばんしょしらべしょ)[2]や長崎海軍伝習所[3]を設置しました。

測量艦隊司令長官 来日

米国にはペリー率いる東インド艦隊とは別に、太平洋航路拡大および海図(かいず)作製を任務とした測量艦隊がありました。

いくらペリーが外交で成果を上げようとも、測量艦隊の安全な航路開拓なければ、米国から船を進めることができない。そのような意味でも重要な任務を担った艦隊にして『忘れられた黒船』でした。

ペリーとの間に確執などがあって、退任に至った測量艦隊司令長官リンゴールドの後を引き継いだのは、ペリーとの関係が良好なロジャース。新・測量艦隊司令長官ロジャースは、日米和親条約の実効性の確認も含め、日本へ向けて船を進めました。

1854年(嘉永七)11月16日琉球に到着。数カ月前に結んだ琉米協定条約により、水先案内人が提供されるはずしたがなされず非協力的でした。同12月2日鹿児島湾に到着。薩摩藩に日米和親条約により下田・函館以外は漂着を許すことができないと申し渡され、一旦香港へ向かいました。

翌1855年5月13日ロジャースの測量艦隊が下田入港。下田箱館以外も測量希望したので、幕府はどうすべきか協議に入りました。日米和親条約以上のことを要求された幕府は、強国相手に万事休す。ロジャースの測量艦隊は幕府の回答を待たずに、翌1855年5月21日に戸田(静岡県沼津市)で測量を実施しました。

同年9月23日(安政二年八月一三日)老中首座・阿部正弘三七歳は、戦争になるかもしれないが許可による国内の反発を懸念。測量拒否という決断を下しました。そんな正弘は、堀田正睦(まさよし)に老中首座と対外関係の全権を譲って翌年三九歳で病死しました。

補註

  1. 海防掛(かいぼうがかり):幕府の海防・外交に関する諮問機関。弘化二年(1845)老中阿部正弘・牧野忠雅らが任じられて以降常置。狭義には阿部らの下で実務にあたった者をいう。安政五年(1858)外国奉行の設置により廃止。
  2. 蕃書調所(ばんしょしらべしょ):のちの開成所(かいせいしょ)。明治維新を経て、開成学校、東京大学へと発展。『西洋時計便覧』著者の柳河春三は蕃書調所に出仕。
  3. 長崎海軍伝習所(ながさきかいぐん でんしゅうじょ):幕末の海軍の教育機関。伝習生は勝海舟ら幕臣ほか、諸藩からも募る。安政六年(1859)二月、四年で廃止も海軍、海運の発展に貢献した。

参考文献

黒船来航史

1.大航海時代 2.ペリー来航前の黒船史 3.ペリーとは

4.ペリー来航 5.阿部正弘の決断 6.日米修好通商条約

関連記事

寛政の改革天保の改革宇田川榕庵植学啓原