くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 暦講座

黒船来航史その1

大航海時代 舞台は大西洋から太平洋へ

関係地図

第一次・二次大航海時代

黒船といえば、多くの人がペリー来航を思い浮かべると思います。然しながら、ペリーより62年前にアメリカ船が初来日していました。瓦版黒船来航12の解読にあたり、黒船来航の歴史を学び直しましょう。

15~16世紀

第一次大航海時代

スペインやポルトガルを中心とする西欧諸国がアメリカ大陸、アフリカ、アジアをはじめ各地に植民・略奪・交易によって進出し、世界を一体化させた時代。コロンブスのアメリカ大陸到達やバスコ・ダ・ガマの喜望峰経由のインド航路発見などが有名です。この頃、太平洋は知られていましたが僅かな情報だけでした。

18世紀

第二次大航海時代

ロシアがシベリアに進出。続いて太平洋探検隊としてイギリス・フランスが競いました。科学的発見が目的でイギリスのダーウィン自身も太平洋探検隊の船に乗り『進化論』を発表。またイギリスはクロノメーターという船の上でも刻む時計の発明がありました。

アメリカはこのころ東アジア貿易で、イギリスに後れを取っていました。

初来日のアメリカ船

1793年4月(寛政三年/ペリーより62年前)紀伊大島(現 和歌山県)にアメリカの船が初めて日本に来航。民間の貿易証人でレディ・ワシントン号とグレイス号二隻で、ラッコの毛皮を売りに来ました。

  

参考文献

後藤敦史『忘れられた黒船』(講談社、2017年)

黒船来航史

1.大航海時代/2.ペリー来航前の黒船史/3.ペリーとは

4.ペリー来航/5.阿部正弘の決断/6.日米修好通商条約

瓦版

蒸気船[図]現代語訳解読文

関連記事

/2019年1月7日 公開