くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 度量衡講座

度量衡講座8

一里、一町、一丈、一間ってどのくらい?長さの単位

目次

概要

  • 長い:1(約4km)=36/1町(約110m)=60
  • 短い(10進法):1(約3m)=10/1尺(約30cm)=10/1寸(約3cm)=10

詳細

一里塚

里(り)

一里=三六町=3.93km(約4km)

例:普通の人の足取りで、ちょうど一時間程度の距離。

一里塚といって昔、一里ごとに土を盛り、木を植えて旅人の目印にしました。

町(ちょう)

グラウンド

一町=六〇間=109m

例:100メートル走ができるくらい。

物差しで測定できないような長い距離をいう場合は、町(ちょう)や里(り)を使います。

町を略記する場合、『旅行用心集』に見られるように「丁」を用います。丁場は宿場と宿場の距離で、長丁場の語源は長い旅程です。

丈(じょう)

一丈=一〇尺(約3m)

例:襖(ふすま)三枚分(一間半)くらい。

鴨長明『方丈記』は方丈(ほうじょう)=一丈(約3m)四方の庵に住んでいたことによります。大仏は丈六(じょうろく)すなわち一丈六(約4.8m)以上の仏像を言います。

丈(じょう)以下の長さは、一丈=一〇尺、一尺=一〇寸、一寸=一〇分の十進法です。下記の間(けん)は十進法ではありませんのでご注意ください。

襖

間(けん)

一間=六尺(約1.8m)

例:襖(ふすま)二枚分。

間(けん)は、中国などにはない日本固有の単位。日本人の身長が納まる実用的な規格であり、建物や道幅などに使用されました。間は室町後期あたりから、単位のように使われはじめたと考えられ、京都の三十三間堂は実際に六十六間あり、古代日本が間を単位として使っていなかったことを示します。

瓦版 黒船来航:蒸気船の長さと幅が「間」で表されています。

そろばん

尺(しゃく)

一尺=一〇寸(約30cm)

例:そろばんの横幅くらい。

尺は、中国・朝鮮および日本の度量衡基本単位。楽器の尺八の由来は、その長さ一尺八寸から。尺は「短い」「わずかの長さ」の意味があり、尺土(せきど)とは「わずかの土地」という意味です。

親指

寸(すん)

一寸=一〇分(約3cm)

例:親指くらい。

『一寸法師』(いっすんぼうし)は作者未詳、室町から江戸時代初期にかけて作られた『御伽草子』二三編の一。一寸しかない男子が鬼退治をして出世する物語です。

分(ぶ)

一分=一〇厘(りん)(約3mm)

例:筆や鉛筆の先っぽくらい。

単位の名前や文字には、たいていその語源にあたる何かがありますが、寸(すん)と分(ぶ)は、それに相当するものがはっきりと確認されていません。

  

参考文献

  • 佐藤健一 編『江戸の寺子屋入門』(研成社、1996年)
  • 大石学 監修『古文書解読事典』(東京堂出版、2000年)

度量衡講座

1.石高とは/2.面積の単位/3.石盛とは/4.石盛と石高を極める・その1 5.その2

6.重さの単位 7.駄馬の種類と積載量/ 8.長さの単位

9.江戸時代の貨幣/10.金貨の換算/11.銀貨の換算/12.銭貨の換算

関連記事

面積の解読

質地証文村明細帳吉田市右衛門文書