くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 吉田市右衛門

吉田市右衛門その3

祖父のこと

史料

吉田市右衛門 

※無断転載禁止

問題

Q.私・三代市右衛門のおじいちゃんは、元々はどこの村の人だったでしょうか?

解読文

乍恐以書付奉願上候

植村八郎右衛門知行所・武州幡羅郡下奈良村・名主吉田市右衛門奉申上候、私儀三代以前祖父市右衛門、享保十一午年村続四方寺村・名主六左衛門、六代已然六左衛門弟ニ而、先祖六左衛門ゟ田畑高六百石余所持仕、慶長年中ゟ下奈良村ニ出作高百石余有之候、内祖父市右衛門田畑四町四反歩譲受、当村百姓罷成、然処

読み下し文

恐れながら書付けをもって願上げ奉り候

植村八郎右衛門知行所・武州幡羅郡下奈良村・名主吉田市右衛門申し上げ奉り候、私儀三代以前祖父市右衛門、享保十一年村続き四方寺村・名主六左衛門、六代いぜん六左衛門弟にて、先祖六左衛門より田畑高六百石余所持仕り、慶長年中より下奈良村ニ出作高百石余これ有り候、内、祖父・市右衛門田畑四町四反歩譲り受け、当村百姓まかり成る、しかるところ

現代語訳

恐れ入りますが、書面をもってお願い申し上げます。

植村八郎右衛門知行所・武州幡羅郡下奈良村(現・埼玉県熊谷市)名主・吉田市右衛門が申し上げます。この村は、私の三代前・祖父市右衛門の代にあたる享保十一年より預かっています。

祖父は、四方寺村(現・埼玉県熊谷市)名主・六左衛門の六代前の六左衛門の弟です。祖父は、先祖六左衛門より田畑高六百石余所持していました。

慶長年中より下奈良村に出かけて高一〇〇石余を耕作し、このうち祖父市右衛門は、田畑四町四反歩を譲り受け当村の百姓となりました。ところが、…

解説

  • 表題の乍恐以書付奉願上候は、男手形その2をご参照ください。
  • ゟは、古文書の記号で「より」の意味です。
  • 奉願上候(ねがいかげたてまりそうろう)、奉申上候(もうしあげたてまつりそうろう)は候文お決まりのフレーズです。早いうちに慣れましょう。

奉行所(幕府)へお願いを申し上げるにあたって、私(三代・市右衛門)の自己紹介が始まると思いきや、自分のおじいちゃんのことをまず語っています。昔の人の先祖信仰をここに見た気がします。

  

史料情報

  • 表題:記録二
  • 年代:文政11.10./出所:吉田市右衛門
  • 埼玉県立文書館所蔵 吉田(市)家7
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

吉田市右衛門

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと/5.村の人口減少/6.父の遺言

7.水害の影響/8.幕府へ貸付/9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名

関連記事

年貢の課せられ方村の組織図五人組の役割年貢米の納め方村のしくみ

荻生徂徠・政談:貧困問題について歴史に学べ!貧困を救う道