くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 絵入知慧の環

絵入知慧の環17

犁(からすき)で田を耕す、種まきの図

明治六年の教科書(往来物)『絵入知慧の環』から、昔の耕起の様子を紐解きます。

史料

犁で田を耕す、種まき

※無断転載禁止

解読文

右頁:たをすくさま、左頁:たねまき

MEMO

右頁「すく」の「す」は「春」、「さま」の「ま」は「末」をくずした変体仮名。左頁「たね」の「ね」は「祢」をくずした変体仮名。「まき」の「ま」は前述の「さま」の「ま」同様、「末」をくずした変体仮名。

解説

田を「すく」とは「鋤く」、土を耕すの意。

百姓往来』の農具に紹介されている犁(からすき)を使って、馬にひかせて土を掘り起こしています。根株の残っているような堅田は犁で耕した後に鍬を用いて深く耕しました。

充分に肥料を施した苗代に、史料では手で種籾を蒔く人が描かれています。江戸後期は一反につき、五~七程度蒔かれました。

  

参考文献

秋山高志、前村松夫、北見俊夫、若尾俊平編『図録 農民生活史事典』(柏書房、1991年)

史料情報

  • 表題:絵入知慧の環 初編上
  • 年代:明治6.5(1873)/出所:古川正雄著/宛所:岡田屋嘉七/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書4197
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

絵入知慧の環

1.絵入知慧の環とは/2.いぬ、にはとり 3.わらび、ねこ 4.いのしし、おほかみ

5.さくら、みかん/6.数字の読み方/7.父母の書き方 8.父母の呼び方/9.東西南北、左右上下

10.天地、日月/11.草木/12.日のいづるかたに/13.春夏秋冬 14.花見、涼み

15.月見、雪見 16.歳時記/17.耕起 18.田植え 19.稲刈り 20.脱穀

関連記事

年貢米の納め方村の基礎データ村絵図村明細帳村入用帳