くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 絵入智慧の環

絵入智慧の環7

家庭内の序列

史料

父母の書き方_絵入智慧の環7

※無断転載禁止

解説

古文書では、通行手形に見られるように、きほん的に身分が高い者の名は、身分の低い者の名より大きく丁寧に書きます。今となっては地震雷火事親父も死語ですが、昔は一家においては男性家長が最も上。史料では「父」が「母」より心なしか、いや結構大きく記されています。

字面だけ見ると理不尽ですが、一家を統率する男性家長は介護子育てに率先して携わっていました。

一行目は「ちゝ」「はゝ」と解読。「ゝ」は繰り返し符号(重ね字)。要するに「ちち」「はは」で、「母」の仮名「ぼ」は、漢字の本をくずした変体仮名です。

史料情報

  • 表題:絵入知慧の環 初編上
  • 年代:明治6.5(1873)/出所:古川正雄著/宛所:岡田屋嘉七/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書4197
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

絵入智慧の環

1.概論 2.にはとり 3.つくゑ 4.ゐのしゝ 5.すゞめ 6.数字

7.家庭内序列 8.父母の呼び方 9.東西南北 10.天地

11.短文 12.方位 13.春夏秋冬 14.花見 涼み 15.月見 雪見

16.歳時記 17.耕起 18.田植 19.稲刈り 20. 脱穀

関連記事

講中による扁額および女性の名前仮の親子関係