くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

江戸時代のパスポート・通行手形(男手形1-1 解読文)

史料

通行手形

※無断転載禁止

解読文

差上申一札之事

一 男五㊞人/右之者共、此度伊勢参宮仕候間、御 関所無相違御通被 遊可被下候、為後日通手形依而如件

武州男衾郡板井村 名主 平重郎㊞/嘉永四年亥極月十九日/箱根 御関所 御役人衆中様

読み下し文

差上げ申す一札の事/一(ひとつ)男五㊞人/右の者ども、この度伊勢参宮仕りそうろうあいだ、御関所相違無く御通り遊ばされ下さるべく候、後日の為、通手形依ってくだんの如し(以下上記解読文に同じ)

現代語訳

一通の文書を提出して申し上げます。

一 男五人、右の者どもは、このたび伊勢へ参拝するので、御関所を間違いなくお通しなされてください。後日の(証拠の)為、通行手形はこの通りです。

武州男衾郡(おぶすまぐん)板井村(現・埼玉県熊谷市)名主・平重郎より/嘉永四年(1851・江戸後期)一二月十九日 箱根御関所 御役人の方々様へ

通行手形とは

関所では、通行(関所)手形の判を予め届けられている判鑑(はんかがみ・照合用に登録された花押や印影の見本)に照合して、相違がなければ通行させました。

通行手形は、性別により男手形と女手形の二種類あります。男性は女性と違い、通行手形の携帯義務がなく、簡単な取り調べを受けるだけで関所を通ることができました。男手形は住んでいる村の名主が作成。また、通行手形は基本的に関所で取り上げて保管します。

関所は、江戸幕府の治安維持のために全国五三か所に設置。主に江戸に大量の武器の流入、大名が江戸に置いた人質の逃亡を防止するために(入鉄砲出女・いりでっぽうおんな)を検閲しました。次ページでは当史料の解読のポイントを解説しています。

史料情報

  • 表題:差上申一札之事(箱根関男五人御通行ニ付)
  • 年代:嘉永 4亥.極.19/出所:名主・平重郎/宛名:箱根関所役人衆中
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家549
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考文献

証文・手形など

通行手形:男手形 解読文,解説女手形/三行半:離縁状 解読文,解説

人別送り状:銀次郎娘とよ平蔵娘ちよ/奉公人請状:たみ解読文,解説森重郎その1,その2,その3

済口証文:不義密通アルコール依存の息子,その更生と顛末_本文,文末

関連記事

旅行用心集

1.旅行用心集とは/2.東海道、木曽路Ⅰ/3.東海道、木曽路Ⅱ/4.旅の前日/5.持ち物について

6.宿の確認事項/7.毒虫にはご用心/8.馬、駕籠などの手配/9.夏の食べ物/10.ソリの種類