くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

伊勢暦その1

伊勢暦(いせごよみ)とは

史料

伊勢暦

※無断転載禁止

伊勢暦とは

概要

伊勢暦(いせごよみ)は、江戸時代の代表的な暦の一つで、伊勢神宮の神官の藤波(ふじなみ)家が刊行した細長い折本の暦です。御師(おし)が、伊勢詣の土産として御札(御祓大麻 おはらいたいま)に添えて全国的に配りました。

地方暦

伊勢暦は地方暦(ちほうれき)の一つで、地方暦とは中世以降、各地の暦師によってつくられた暦です。

暦は、朝廷によって編暦、頒布されるのが建前でしたが、朝廷の力が衰えて一方で地方における暦の需要が増加しました。また、漢字が読めない人のために仮名文字を主体とした仮名暦は需要が高く、これを版木に彫って印刷した摺暦(すりごよみ)=版暦(はんれき)が誕生しました。

地方暦の多くは仮名版暦であり、最古の例は鎌倉時代、鎌倉幕府と縁の深い伊豆国三島大社から発行の三島暦(みしまごよみ)です。そののち奈良で南都暦、会津暦、常陸鹿島神宮の鹿島暦が誕生。江戸時代に入ると伊勢暦、江戸暦、仙台暦などが誕生し全国に普及しました。

独特な書体と様式

地方暦は、貞享(きょうほう)改暦(1684)以降、幕府天文方の統制下に置かれ、内容の統一が図られたので伊勢暦と他の地方暦には見た目にも大きな差はありません。

よって伊勢暦をスラスラ解読できるようになれば、他の地方暦もスラスラ解読できます。

然しながら仮名版暦は印刷にあたって、経済的見地から文字の幅を狭くして、多くの日数を彫り込むようにした結果、仮名版暦独特の書体・様式が発生し非常に文字が細かいのが特徴です。

それでは早速、次ページから伊勢暦を解読してみましょう!

  

参考文献

  • 岡田芳朗 、後藤晶男、伊東和彦、松井 吉昭『暦を知る事典 』(東京堂出版、2006年)

史料情報

  • 表題:伊勢暦 天保壬寅元暦 文久2年
  • 宛所:山口右兵衛/年代:文久2(1862)/形態:折本
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4031
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神/8.月の大小

9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

関連記事

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日/6.甲子、庚午とは

7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形/11.歳徳神/12.金神/13.八将軍

14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小