くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 引札暦

伊勢暦その2

年号と干支の解読

史料

伊勢暦_タイトル

※無断転載禁止

解読文(史料青枠)

伊勢度会郡山田 山口右兵衛

文久二年みつのえいぬ乃天保壬寅元暦 角宿値年 凡三百八十四日

用語解説

  • 伊勢度会郡(いせとかいぐん ):現・三重県伊勢市 度会(わたら)郡。
  • 山田(やまだ):豊受(とようけ)大神宮のこと。伊勢神宮は、伊勢市宇治館(うじたち)町の皇大(こうたい)神宮(内宮〈ないくう〉)と伊勢市山田の豊受大神宮(外宮〈げくう〉)のニ宮の併称。
  • 山口右兵衛(やまぐちうべえ):暦師(れきし)・暦を作った人。
  • 文久(ぶんきゅう)二年:1862年。江戸末期、孝明天皇朝の年号。
  • みつのえいぬ(壬戌):文久二年の干支十干+十二支)。
  • 天保壬寅元暦:江戸幕府が施行した日本最後の太陰暦。天保一三(1842)壬寅に寛政暦から改められ、弘化元年(1844)から明治五年(1872)に太陽暦が採用されるまで使われた。
  • 角宿値年(すぼし としにあう):この年の二十八宿が角宿にあたる。
  • 凡(およそ)三百八十四日:この年の総日数。

解説

史料は江戸時代の庶民の多くが使っていたカレンダー・伊勢暦の前半部分にあたります。

現代のカレンダーと書かれていることが全く異なっているので、くずし字が読めても知識がないと意味がわからないと思います。だけど大丈夫。

暦本(れきほん・暦に関する書物)に書かれていることは決まっているので、ルールさえ覚えれば見た目ほど難しくありません。また、暦本を解読することで、江戸時代の人々がどれほど五行とか占い中心の生活を送っていたか直観できるはずです。

それではまず史料右から、暦のタイトル・副タイトルにあたる部分を解読してみましょう。

ごちゃごちゃ書いてますが、一番重要な箇所は二行目先頭、"何年の暦です"にあたる部分「文久二年みつのえいぬ」。これが解読できればまずOK。日付の解読についてはこちらをご参考ください。

  

参考文献

  • 岡田芳朗 、後藤晶男、伊東和彦、松井 吉昭『暦を知る事典 』(東京堂出版、2006年)

史料情報

  • 表題:伊勢暦 天保壬寅元暦 文久2年
  • 宛所:山口右兵衛/年代:文久2(1862)/形態:折本
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家4031
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神/8.月の大小

9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

関連記事

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日/6.甲子、庚午とは

7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形/11.歳徳神/12.金神/13.八将軍

14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小