くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 暦講座

暦講座その2

十干とは 十二支と併せて干支となる記号

木(き)の 火(ひ)の 土(つち)の
兄(え) 弟(と) 兄(え) 火の弟(と) 兄(え) 弟(と)
きのえ/コウ きのと/オツ ひのえ/ヘイ ひのと/テイ つちのえ/ボ つちのと/キ
金(か)の 水(みず)の
兄(え) 弟(と) 兄(え) 弟(と)
かのえ/コウ かのと/シン みずのえ/ジン みずのと/キ

十干(じっかん)とは

概要

十干とは、陰陽五行の木火土金水の五気が更に「兄弟(えと)」の陰陽に分かれたものです。例えば上の図のように木気は木の兄(甲)、木の弟(乙)に、火気は火の兄(丙)、火の弟(丁)といったように分化します。

殷王朝の初代王の成湯(せいとう)は天乙(てんいつ)という名で、その先祖には報丁(ほうてい)、報乙(ほういつ)、報丙(ほうへい)、主壬(じじん)、主癸(しゅき)と干名を称する者がいたことを『史記』は伝えています。

そのような太古はいざ知らず、現在十干を使うケースはほとんどなく、十干そのものを知らない人の方が多いのではないでしょうか。

古文書では十二支と組み合わせて甲子(きのえね)とか乙丑(きのとうし)とか丙寅(ひのえとら)などと、干支(えと)して用いられることが多いです。よって十二支を干支と言うのは厳密にいうと間違えです。くずし字での書き方は十干の解読をご参照ください。

2021年の干支

2021年(令和三)の干支は辛丑(かのとうし)で、十干が辛(かのと)十二支が亥(い)です。六十干支順位表の38番目にあたります。2022年(令和四)は39番目の壬寅(みずのえとら)で単純に六十干支順位表の順番の通りにその年の干支が割り当てられます。

昔の暦に記載される代表的な八将神金神歳徳神の方角の吉凶を占う神トリオは、その年の十干でその神様の所在方位が決まります。

古文書解読のために、今急いで十干の甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の全ての読み方を覚える必要は特にありません。ポイントとして、十干+十二支=干支(えと)であることさえ押さえておけば、古文書を解読する際、そんなに困るようなことはないでしょう。

  

参考文献

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.土用の丑の日/5.干支

6.八将神/7.金神/8.歳徳神/9.二十八宿/10.十二直

関連記事

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読