くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 暦講座

暦講座その5

八将神 その年の方位の吉凶を司る八つの神

目次

八将神の所在方位大将軍の遊行方位

八将神とは 太歳神大将軍大陰神歳刑神歳破神載殺神黄幡神豹尾神

旧暦の中の八将軍補註暦講座関連記事

八将神の所在方位

太歳
大将軍
大陰
歳刑
歳破
載殺
黄幡
豹尾

大将軍の遊行方位

季節 期間 遊行方位 平成30年
甲子から五日間 4/2~5(旧暦2/17~20)
丙子から五日間 6/13~17(旧暦4/30~5/4)
庚子から五日間 西 9/5~9(旧暦7/26~30)
壬子から五日間 11/16~20(旧暦10/9~13)
土用 戊子から五日間 中央(家内) 4/26~30(旧暦3/11~15)、10/23~27(旧暦9/15~19)

八将神(はっしょうじん)とは

八将神はどっち?
八将神は
どっちだ?

八将神とは、八将軍・八大方位神ともいい、陰陽道でその年の方位の吉凶をつかさどる八つの神のことです。伊勢暦引札暦など旧暦の暦では初めに書かれ、また方位盤に書き込まれています。

要するに、「その年に○○をする時に悪い方角はどっち?」というのを示すものです。例えば平成30年の干支は戊戌(つちのえいぬ)なので、八将神の所在方位の表の戌のところを上から下に見ていくと、太歳は戌、大将軍は午、大陰は申…とあります。

次に具体的にその方角に向かって何をしてはいけないのか、あるいは何をするのがよいのか下記に見ていきましょう。その際、陰陽五行の「五星」と照らし合わせながら見ていくと、理解がより深まると思います。大将軍の遊行方位については下記大将軍の項をご参照ください。

太歳神(たいさいじん)

H30年は西北西に向かて木を切らない。

太歳神は、歳星(木星)の精で、毎年その年の十二支の方角と同じ方位に位置します。木星は木の精なので、太歳神の方角に木を切ったり、家を建てたり、転居することは忌み禁じられています。平成30戌年は戌の方角(西北西)に当たります。

大将軍(だいしょうぐん)

H30年は真南に向かって万事凶。※遊行方位アリ

大将軍は、太白(金星)の精で、殺伐を司り、八将軍第一と言われています。大将軍のいる所は万事にとって凶であり、上の表を見てもわかる通り、同じ方位に三年間留まります。

その為、三年塞がりの大将軍と呼ばれています。建築・土木、移転、井戸掘り、結婚も忌み嫌います。平成30戌年は午の方角(真南)に当たります。

然しながら、上の表の大将軍の遊行方位に示したように、春・夏・秋・冬・土用の五日ずつ、他の方角に遊行して不在になる為、その期間は忌避しなくてもよいとされています。

大陰神(だいおんじん)

H30年は西南西に向かって出産や嫁取りをしない。

大陰神は、鎮星(土星)の精で、太歳神の皇后とされ、主人の太歳神の方角から三年あとに付き従うよう変化します。つまり三年前の太歳神の方角であるので、大陰神の方角は子年(太歳神の方角も子)は戌、丑年は亥のように変化します。

皇后が居る方角なので、女性は遠慮すべきとして、その方角で出産することや、その方角から嫁取りをすることを忌み嫌います。平成30戌年は申の方角(西南西)に当たります。

歳刑神(さいきょうじん)

H30年は南南西にあたる土地を耕さない。

歳刑神は地の神で、この方角にあたる土地を耕すことを忌み嫌います。また辰星(水星)の精で、刑罰をつかさどる神なので兵具をつづり、あるいは武道を行うには大吉です。平成30戌年は未の方角(南南西)に当たります。

歳破神(さいはじん)

H30年は東南東に向かって船に乗ったり、旅行したり、移転しない。

載破神は大陰神と同じく鎮星(土星)の精で、常に太歳神と反対の方角に居ます。凶神のため、太歳陣に突き破られる為、歳破と言われています。この方角に向かって船に乗ったり、旅行、移転を忌み嫌います。平成30戌年は辰の方角(東南東)に当たります。

載殺神(さいせつじん)

H30年は北北東に向かって嫁取り、武芸始めをしない。

載殺神は、太白金(金星)の精で、土気の丑、未、辰、戌を四年に一巡して移動を繰り返します。この方位は殺伐の気に満ちており、載殺神は万物を滅する凶神であるといいます。

この方角に向かって嫁取り、武芸始めなどのことを忌み嫌います。平成30戌年は丑の方角(北北東)に当たります。

黄幡神(おうばんしん)

H30年は西北西に向かって建築したり、門を建てたり、財宝を収めない。

黄幡神は、架空の星である、らご星の精で太歳神の墓と言われています。土気の丑、未、辰、戌の方角だけを巡ります。この方角に向かって建築したり、門を建てたり、財宝を収めるには凶です。平成30戌年は戌の方角(西北西)に当たります。

豹尾神(ひょうびじん)

H30年は東南東に向かって大小便をし、この方角から牛馬や犬猫等を購入したりもったりしない。

豹尾神は、計都星(おうし座のすばる、または架空の星)の精で黄幡神と常に反対の方角に位置します。万事不浄を忌み嫌うとされ、この方角に向かって大小便をし、この方角から牛馬や犬猫等を購入したりもったりすると凶。平成30戌年は辰の方角(東南東)に当たります。

旧暦の中の八将軍

以上、八将軍を見てきましたが、大将軍の遊行方位などややこしいこともあり、これを実行するには非常に難しく、そのような理由もあって現代においてこの信仰は薄らいでいます。

ただ、昔の暦などには八将軍は先頭に大々的に記される事項となっており、古文書を学ぶ人や歴史家を名乗る人ならば知識として知っておいた方がよいので、是非伊勢暦引札暦を解読にチャレンジしてみてください。あ、こういうことか、と腑に落ちると思います。

  

補註

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

関連記事

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読