くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 暦講座

暦講座その8

二十八宿とは

二十八宿

東方七宿
蒼龍(そうりゅう)
かく こう てい ぼう しん
北方七宿
玄武(げんぶ)
ぎゅう じょ きょ しつ へき
西方七宿
白虎(びゃっこ)
けい ろう ぼう ひつ さん
南方七宿
朱鳥(しゅちょう)
せい りゅう せい ちょう よく しん

二十八宿とは

二十八宿(にじゅうはっしゅく)は、横道および赤道に近い天空の部分を二十八に分け、その各々を宿と称して、それに星座名を附した中国の星座です。

二十八宿の起源は中国・周(しゅう)まで遡り、後にインドに渡りインドで迷信づけられ、唐時代中国に逆輸入され、日本にも『宿曜経(すくようきょう)』として伝来。

宿曜経の隆盛に伴って、これが暦にも記載されるようになりました。二十八宿の起源は純天文学的なものでしたが、今日のように吉凶判断の材料に使用されたものではありませんでした。

貞享改暦以前はインド流の牛宿を除く二十七宿を採用。しかし貞享改暦で貞享二年から中国流の二十八宿を採用し、年に対しては二八年、月に対しては二八ヶ月、日に対しては二八日の周期で配当されました。

例えば文久二年の伊勢暦の月の二十八宿は、正月・参宿、二月・井宿、三月・鬼宿とあり、上の表の順番通りに配当されていることがわかります。

なお二十八宿中、鬼宿は最も吉日とされているので、日に配する鬼宿だけは「きしく」と暦に記載されました。

七曜

七曜(しちよう)は、古代中国の天文学で、日(太陽)と月と五惑星(木・火・土・金・水)を併せたものです。単なる日を数える手段ですが、昔の暦では二十八宿と結びついて暦に記載されます。然しながら七曜に関する迷信は余り重視されなかったようです。

  

参考文献

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.干支/5.八将神/6.金神/7.歳徳神/8.二十八宿/9.十二直

関連記事

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

引札暦

1.引札暦とは/2.略暦とは/3.神武天皇即位紀元/4.大小とは/5.戦前の祝日

6.甲子、庚午とは/7.二十四節気と雑節/8. 日曜表/9.引札暦その2/10.三鏡宝珠形

11.歳徳神/12.金神/13.八将軍/14.干支のお祭り/15.八専/16.旧暦の大小

日付の解読

1.十干の解読/2.十二支の解読/3.閏月の解読