くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 浮世絵
  3. はしか絵

はしか絵2

麻疹軽くする法 おまじないと麦殿大明神

はしか絵から、江戸時代のおまじない及び麦殿について紐解きます。

史料

はしか絵・麻疹軽くする法

※無断転載禁止

現代語訳

一 節分の夜、門に刺さっている柊の葉を三十三軒から一枚ずつもらい集め、煎じて、はしかが治らない小児に呑ますべし。麻疹を軽くして災いなし。

多羅樹(ヤシ科の常緑高木)の葉を一枚取り「麦殿は 生れたまふ はしかして かせたるのちは 我ニなりけり」(麦殿は生まれられたはしかとして、瘡(かさ)や傷が癒えたのちは私になった)という歌を書き、はしかが治らない子どもの名と年を書いて川に流すべし。必ず麻疹を軽くして余病も出ていく。

毒になるもの:魚類、類、竹の子、きの子類、あぶらげ、すのもの、めんるい、くだもの、なすび、玉子、そらまめ、なたまめ、梅つけ、五十日(いか・子供が生まれて50日に当たる日の祝い)は忌べし

愛情あれば余毒は癒える。男女混合は体によくない。

>>原文(史料解読文)

解説

おまじない

史料は麻疹軽くする、方法というよりまじないと言ったところでしょうか。江戸時代の古文書にはおまじないに関するものが存外多く、当時のカレンダー・伊勢暦に書かれている事柄は主に方位の吉兆です。

現代は科学的なこと以外は退けらる傾向ですが、おまじないは当時の生活の知恵であり、文化の奥行を感じさせる風流なものが多いです。

史料一行目に「節分の夜、門に刺さっている柊の葉」とあり、昔は節分(特に立春の先日)に柊(ひいらぎ)の小枝に刺した鰯の頭を門口などに立てて邪気を払いました。

麦殿大明神

史料には、はしか絵定番の麦殿(むぎどの)が登場。麦殿は麦殿大明神のことで、麻疹独特の神。史料の絵の人間を取り巻く妖怪に似た人々は麻疹除けの擬人化です。

また、はしかを患った際は赤い服を着るといいとされていたので、史料の絵の人物もまた赤い服を身に着けています。

  

原文(史料解読文)

麻疹(はしか)軽(かろ)くする法(ほう)/柊(ひいらき)の葉(は)多羅樹葉(たらしゆよう)

一 節分の夜(よ)、門にさしたる柊の葉を三十三軒にて一枚つゝもらひ、あつめ、せんして、はしかせぬ小児(こども)に呑すべし、かろくしてわさわひなし

多羅樹葉一枚とり、麦殿(むきどの)は生れたまふはしかして、かせたるのちは、我ニなりけりといふ歌をかき、はしかせぬ小ともの名と年をかきて川に流すへし、かならすかろく余病もいてす

毒だて 魚るい、鳥るい、竹の子、きの子るい、あぶらげ、すのもの、めんるい、くだもの、なすび、玉子、そらまめ、なたまめ、梅つけ、粕つけ

五十日忌へし、伕(つま)さればよどくいへて(二字不明)なる、房事は体いむへし

史料情報

  • 表題:麻疹軽くする法(はしか絵)
  • 年代:文久 2. 4(1862)/出所:房種/宛所:木屋板(馬喰四)/形態:二枚続
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書6369-5
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

はしか絵

はしか絵とは/麻疹軽くする法/麻疹養生心得方麻疹養生之おしえ痘瘡麻疹水痘[養生法]

はしか童子退治図麻疹養生伝麻疹厄はらひ

関連記事

江戸の医者歳徳神講中による扁額女性の名前