くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 浮世絵
  3. はしか絵

はしか絵その2

麻疹軽くする法

史料

はしか絵・麻疹軽くする法

※無断転載禁止

現代語訳

一 節分の夜、門に刺さっている柊の葉を三十三軒から一枚ずつもらい集め、煎じて、はしかが治らない小児に呑ますべし。麻疹を軽くして災いなし。

多羅樹(ヤシ科の常緑高木)の葉を一枚取り、「麦殿は 生れたまふ はしかして かせたるのちは 我ニなりけり」(麦殿は、生まれられたはしかとして、瘡(かさ)や傷が癒えたのちは私になった)

という歌を書き、はしかが治らない子どもの名と年を書いて川に流すべし。必ず麻疹を軽くして余病も出ていく。

毒になるもの:魚類、鳥類、竹の子、きの子類、あぶらげ、すのもの、めんるい、くだもの、なすび、玉子、そらまめ、なたまめ、梅つけ、五十日(いか・子供が生まれて50日に当たる日の祝い)は忌べし

そうすれば余毒は出ていく。男女混合は体によくない。

解説

麻疹軽くする法というより、麻疹軽くするおまじないと言ったところっでしょうか。解読は意外に難しかったです。江戸時代の古文書全般を読んでいると、当時の人々の生活の柱は、おまじないなんじゃないかってくらい、おまじないに満ち溢れていて当史料にもそれがよく表れています。

それは彼らの生活の知恵であり、文化の奥行を感じさせる風流なものが多いです。

本文一行目に「節分の夜、門に刺さっている柊の葉」とあり、何かと思って広辞苑で節分を引いてみました。すると、"節分(特に立春の先日)の夕暮、柊ひいらぎの枝に鰯いわしの頭を刺したものを戸口に立て、鬼打豆と称して炒いった大豆をまく習慣がある"とのこと。節分に大豆をまく前段階があったんですね。

さて史料は、はしか絵では定番の麦殿(むぎどの)が出てきます。麦殿は麦殿大明神のことで、麻疹独特の神です。現代の感覚では意味がわからないところがまた面白いです。史料の絵の人間を取り巻く妖怪に似た人々は麻疹除けの擬人化です。

また、はしかを患った際は赤い服を着るといいとされていたので、史料の絵の人物もまた赤い服を身に着けています。

史料文末では、はしかに患った際に食べていけないもの、男女混合は慎むことをうたっています。これらもはしか絵では定番の文言なのですが、男女混合って具合わるいんじゃ…。うつされそうだし言われなくてもってかんじですが、ご親切にどーもとしておきましょう。ご参考までに下記に解読文を掲載しました。

  

解読文

麻疹(はしか)軽(かろ)くする法(ほう)/柊(ひいらき)の葉(は)多羅樹葉(たらしゆよう)

一 節分の夜(よ)、門にさしたる柊の葉を三十三軒にて一枚つゝもらひ、あつめ、せんして、はしかせぬ小児(こども)に呑すべし、かろくしてわさわひなし

多羅樹葉一枚とり、麦殿(むきどの)は生れたまふはしかして、かせたるのちは、我ニなりけりといふ歌をかき、はしかせぬ小ともの名と年をかきて川に流すへし、かならすかろく余病もいてす

毒だて 魚るい、鳥るい、竹の子、きの子るい、あぶらげ、すのもの、めんるい、くだもの、なすび、玉子、そらまめ、なたまめ、梅つけ、粕つけ

五十日忌へし、様さればよどくいてゝと(二字不明)なる、房事は体いむへし

史料情報

  • 表題:麻疹軽くする法(はしか絵)
  • 年代:文久 2. 4(1862)/出所:房種/宛所:木屋板(馬喰四)/形態:二枚続
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書6369-5
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

はしか絵

はしか絵とは/麻疹軽くする法/麻疹養生心得方麻疹養生之おしえ痘瘡麻疹水痘[養生法]

はしか童子退治図麻疹養生伝麻疹厄はらひ

関連記事

錦絵

頼朝上洛図子供あにひ纏固図小和漢獣物大合戦之図百器夜行持丸たからの出船地震雷火事親父

かわら版

1.かわら版とは/2.象見世物その1/3.象見世物その2/4.象見世物その3/5.虎見世物その1

6.虎見世物その2/7.黒船来航その1/8.黒船来航その2/9.アメリカ・ロシア人1/10.アメリカ・ロシア人2

11.オランダ人と貿易その1/12.オランダ人と貿易その2