くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 数字の解読

数字の解読その1

十干-日付の解読その1

史料

元号・年・十干・十二支・月

文政十二己丑年十一月 天保五年甲午七月 天保十一庚子十一月日
文政十二己丑年十一月 天保五年甲午七月 天保十一庚子十一月日
女手形 離縁状 質地証文
1829(江戸後期)。己丑(つちのと うし)。 1834(江戸後期)甲午(きのえ うま)。 1840(江戸後期)庚子(かのえ ね)。
安政二年乙卯十月 文久二年みつのえいぬ 明治廿六癸巳歳
安政二年乙卯十月 文久二年みつのえいぬ 明治廿六癸巳歳
伊勢暦 引札暦
1855(幕末)乙卯(きのと う)。この年、江戸に大地震が襲う。 1862(幕末)壬戌。 1893(明治中期)癸巳(みずのと み)。

十干(じっかん)とは

古文書に書かれた日付を解読するには、まず十干を知らねばなりません。

干支(えと)とは、十干と十二支の組み合わせで60組あります。干支=十二支と理解している人も多いと思いますが、玄人は厳格に干支=十干+十二支の理解でいきましょう。

十干とは、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)の総称です。馴染みがないと結構理解に苦しむと思います。詳しくは十干とはをご参照ください。

今時その年を表すのに十干を書く人もいないでしょうが、現代でも十干はきちんと存在します。令和元(平成31)は己亥(つちのとい)、令和二年は庚子(かのえね)、令和三年は辛丑(かのとうし)です。

日付解読のポイント

日付が十干入りの場合、元号○・十干・十二支年 ○月または元号○年十干・十二支 ○月となります。(○には数字が入ります。)すなわち「年」の位置は、史料の通り干支(十干十二支)の前に書く場合と後に書く場合があります。

また、十干を省略して十二支を残すことがあっても、十二支を省略して十干を残すことはありません。次ページにて現代人のように十干を省略しているパターンの日付を解読してみましょう。

  

数字の解読

1.十干/2.十二支/3.閏月/4./5./6./7./8.面積/9.

関連記事

伊勢暦

1.伊勢暦とは/2.年号と干支/3.三鏡宝珠形/4.歳徳神/5.金神/6.八将軍/7.土公神

8.月の大小/9.月の干支/10.二十八宿と七曜/11.暦日の暦注/12.十二直

暦講座

1.陰陽五行説/2.十干/3.十二支/4.土用の丑の日/5.干支

6.八将神/7.金神/8.歳徳神/9.二十八宿/10.十二直