くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 身近なくずし字

身近なくずし字

お寺のお札 くずし字解読

史料

お寺のお札

岩手県奥州市にある円通寺(えんつうじ)というお寺からいただいた、お札にくずし字があったので解読してみましょう。

解読文

久かたの 横瀬あまねく 光山 法のをしへに かよふ 古寺/江刺十六番横瀬 普光山 圓通寺

解説

単語

  • 久かたの(久方の):天(あめ・あま)、空、月、雲、雨、光、夜、都などにかかる枕詞。
  • 横瀬:このお寺の辺り一帯の地名
  • をしへ:おしえ(教え)の歴史的仮名遣い。

くずし字

  • 久さかた:「か」は「可」、「た」は「多」をくずした変体仮名。現行の平仮名「か」は「加」、「た」は「太」をくずした字体。
  • をしへに:「に」は「尓」をくずした変体仮名。現行の平仮名「に」は「」をくずした字体。
  • 圓通寺:「」は「円」の異体字

…というわけで変体仮名などに慣れていないと、難読のお札です。

  

身近なくずし字

1.割り箸 初級 2.割り箸 中級 3.のし 4.日本酒 5.贈答品 6.お札 7.銀座 菓子

8.銀座 製パン 9.浅草 甘味店 10.川越 菓子 11.静岡名物 12.調味料

関連記事

奥州市 扁額文字の書き方の歴史絵入知慧の環小学算術書女大学