くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 身近なくずし字

身近なくずし字その8

和菓子屋さんのロゴその2

史料

木村屋のくずし字

解読文

銀座 木村家 KIMURAYA

解説

写真は池袋で買った銀座木村家のジャムパンです。ジャムパンが好きってわけではなく、くずし字が素敵だったので購入しました。(笑)

さて古い文書ではご存じの通り、横文字は現代と違って右から左へと書かれているのが一般的です。1869年創業の銀座木村家は現代に於いても、くずし字で右から左へと表記している、ありそうでない珍しいロゴを使用しています。

家のくずし字

古文書で「家」は、a2やa3の字体のようにくずすことがよくあります。余談ですが、史料写真の「銀座」を「座銀」と素直に読んでしまうと、ギョーカイの人と思われるかもしれないね。

  

身近なくずし字

1.わりばしその1/2.のし/3.わりばしその2/4.日本酒/5.贈答品/6.お寺のお札

和菓子:7.ロゴその1/8.ロゴその2/9.ロゴその3/10.品名その1/11.品名その2/12.鰹たたきのたれ

関連記事

看板・扁額

1.鎌倉編その1 /2.鎌倉編その2/3.鎌倉編その3/4.川越編/5.昭和レトロ館

6.お寺の額(扁額)その1/7.お寺の額その2/8.御詠歌/9.江戸時代の女性の名前

異体字一覧

1.異体字とは/2.異体字を覚えよう/3.異体字一覧その1/4.一覧その2/5.一覧その3