くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 西洋時計便覧

西洋時計便覧その2

時計は萬民必要の器(うつわ)なり

史料と解読文

西洋時計便覧その2

※無断転載禁止

解読文

西洋時計便覧(セイヨウトケイベンラン)

夫時計(トケイ)は。一昼夜(チウヤ)の間の時刻(ジコク)を測(ハカ)る具(グ)にして。萬民必要(ヒツヨウ)の器(ウツハ)なり。

其法元来西洋より伝(ツタ)はり。世に行はたる事既(スデ)に久しく。矢倉(ヤグラ)時計。柱(ハシラ)時計。掛(カケ)時計。尺時計の類。様々ありて。皆人の知る所なれども。

是迄の和製(ワセイ)の時計は。昼夜(チウヤ)の十二時を知らすのみにて。一時の間の細(コマカ)き分割(ブワリ)に至りては。是を委(クハ)しく知る事あたはず。

今西洋より舶来(ハクライ)する時計は。何れも三本の針(ハリ)をそなへ。短針(タンシン)は時を指(サ)し。長針(テフシン)は分時(ミルエウト/ブンジ)を指(サ)し。小針(シン)は秒時(セコンド・ペウジ)を指(サ)す。凡一昼夜(チウヤ)を廿

解説

史料は細かくて読みづらいので、このページから先含め、解読文の方にざっと目を通していただれば十分です。

というのも、当史料の要点はくずし字の解読というより、時間の数え方として現行の定時法と江戸時代で使われていた不定時法の違いの理解の方にあるからです。

ともあれ、見てのとおり西洋時計便覧は句点を多用しています。西洋時計便覧は明治二年に出版されたものですが、江戸時代後期からチラホラ句点が登場し、句点のあとに読点や改行が登場します。

さて、史料では最初に「時計は一昼夜の時刻を計る具にして、万民に必要の器(うつわ)なり。」と記してます。次に「和製時計は昼夜の十二時を知らせるだけだけで、一時の間の細かい分割は、詳しく知る事ができなかった。」とあります。

更に時計の三本針の解説。「今西洋より舶来する時計は、いずれも三本の針をそなへ、短針は時を指し、長時は分時を指し小針は秒時を指す。」

ここまで説明してくれる時計のトリセツ、見たことがありますか?!多分、この時代ならではですよね。

  

史料情報

  • 表題:西洋時計便覧
  • 年代:明治二年(1869)/出所:柳河春三著/宛所:柳河氏采英書屋/形態:折本
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3335
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

西洋時計便覧

1.西洋時計便覧とは/2.萬民必要の器なり/3.三本の針を常とす/4.袖時計全体の図/5.開図表面、裏面の図

6.内機を開し図/7.四季の違いめなれど/8.時計の具体的な見方/9.時計盤面図鮮/10.不定時法対応表

関連記事

世界商売往来

1.世界商売往来とは/2.世界の国名/3.船の構造/4.航海道具/5.武器や武具/6.洋服の名前

7.装飾品の名前/8.文房具の名前