くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 西洋時計便覧

西洋時計便覧その8

時計の具体的な見方

史料と解読文

西洋時計便覧その8

※無断転載禁止

解読文

秒時(セコンド)といふは。一時の間の細分(コクリ)にして。譬(タトへ)ば第一時と第二時との正中は。即ち三十分なり。依(ヨツ)て一時三十分といふ。

又それより一時の四分一過(スギ)たる時は。即ち一時四十五分と云。是(コレ)一時七分五厘(リン)の事なり。

秒(セコンド)は分(ミュート)の一つ下の数(カズ)にて。一分よりニ分迄(マデ)の間に。一セコンドより五十九セコンド迄ありて。六十セコンドと満(ミツ)れば。即ち二分時なり尚(ナホ)次の図(ヅ)を見て知るべし

ひとこと

時計の見方を活字で説明されると、何故か笑いがこみあげてくるという…。

  

史料情報

  • 表題:西洋時計便覧
  • 年代:明治二年(1869)/出所:柳河春三著/宛所:柳河氏采英書屋/形態:折本
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3335
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

西洋時計便覧

1.西洋時計便覧とは/2.萬民必要の器なり/3.三本の針を常とす/4.袖時計全体の図/5.開図表面、裏面の図

6.内機を開し図/7.四季の違いめなれど/8.時計の具体的な見方/9.時計盤面図鮮/10.不定時法対応表

関連記事

世界商売往来

1.世界商売往来とは/2.世界の国名/3.船の構造/4.航海道具/5.武器や武具/6.洋服の名前

7.装飾品の名前/8.文房具の名前