くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 異体字

異体字その4

異体字(旧字)一覧 部首索引 一~三画

目次

部首索引:一画二画三画

解説参考文献関連記事

一画

小学算術書12 引札暦 論語学而02 論語雍也05 年貢受取状

ニ画

商売往来 論語述而03 引札 小学算術書10
論語学而08 論語里仁15

三画

百姓往来 小学算術書 葛西善蔵 はしか絵
寿
論語雍也23
坂口安吾 葛西善蔵 旅行用心集 論語述而01 済口証文
滿
坂口安吾 古文書単語 坂口安吾 論語里仁01 論語述而06 論語郷党04 論語為政19
論語子罕03 論語雍也26 論語雍也14 論語学而01

解説

古文書や漢文によく出てくる異体字(旧字)を集めました。この頁では、部首一~三画を収録、四画以降は次頁をご参照ください。

凡例

  • 學(学)、藝 (芸)、斎(斉)などあえて覚えるほどではない字体はきほん外しています。
  • 使用例として(くずし字ではなく、成るべく活字で確認できる)史料を挙げ、リンクを貼りました。
  • 当サイト内でリンクは貼れないが『論語』で確認できた字体は編の名と節番号と共に記しました。

たくさんあって困惑すると思いますが、いきなり全部覚える必要はありません。必要に応じて徐々に覚えていきましょう。

ピックアップ

「區」は、匚(くぎる)+品(多くのもの)。多くのものをくわけする意味です。

「圖」は、囗(土地)+啚(穀物倉)。穀物がどれる領土、それを描いた図の意味です。図は「圖」の草体から。

  

参考文献

関連記事

異体字

異体字とは異体字を覚えよう重要字体 厳選35個

異体字一覧 部首索引 一~三画,四~六画,七画~

近代文学

1.はじめに/2.夏目漱石『こゝろ』/3.坂口安吾『堕落論』/4.葛西善蔵『子をつれて』

5.太宰治『待つ』/6.宮沢賢治『どんぐりと山猫』/7.高見順『あるリベラリスト』