くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

村明細帳その5

圦樋、城跡、御巣鷹山

史料

村明細帳

※無断転載禁止

解読文

一 圦樋壱ヶ所四ツ谷御上水分水仕、呑水并田用水ニ相用申候/一 城跡無御座候/一 御巣鷹山無御座候

右之通、相改書上申候処、少茂相違無御座候、以上

文化十三子年六月/多摩郡大沼田新田  名主・弥左衛門/年寄・伝兵衛/百姓代・伝右衛門

小野田三郎右衛門様  御役所

用語

  • 圦樋(いりひ):川の水を引き入れたり、排水する為に設けられた樋(とい)。
  • 樋(とい):雨水や用水を流すための管や溝。
  • 御巣鷹山(おすたかやま):狩猟用の鷹を繁殖させるために、龍主が厳重な保護を加えた村。

現代語訳

私どもの村には圦樋(いりひ)は一カ所あり、これで四ツ谷御上水(玉川上水)の水を引き入れ、飲水や農業用水に使っています。城跡はありません。狩猟用の鷹を繁殖させるための御巣鷹山もありません。

右の通り、改め書き上げたこの村明細帳には少しも間違いはございません。文化13子年六月、多摩郡大沼田新田名主・弥兵衛、年寄・伝兵衛、百姓代・伝右衛門より。小野田三郎右衛門様御役所へ。

解説

書かれた月日、差出人と宛名が確認できた所で、村明細帳の解読はこれでおしまいになります。如何でしたでしょうか。聞き慣れない言葉や難しいくずし字がたくさん出てきたと思いますが、少しずつ覚えていただければと思います。

江戸時代のあなたの村の様子は機会があったら、こんなふうに村明細帳で確認してみてくださいね。新しい発見がきっとあるはずです!

  

史料情報

  • 小平市立図書館所蔵 當間家文書『村方銘細帳』(D-4-4)元文元年
  • 当サイトは小平市立図書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山

関連記事

村入用帳

1.村入用帳とは/2. 表紙/3.名主給と定使給/4.通信費・光熱費など/5.勧化・旅僧・座頭など

6.御用の為の交通費/7.合計額を算出してみよう!/8.相違無御座候/9.差出人・村の人々の名前

10.宛名と返信