くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 村明細帳

村明細帳その1

村明細帳とは 村高、家数、御用、建造物等早わかり

その当時の村の様子がわかる『村明細帳』の概要、記載事項などを解説します。

史料

全体図

村明細帳_全体図

※無断転載禁止

村明細帳とは

村明細帳とは、領主代官の交代などの時、村側で村状を記し、役人に提出した帳簿です。

内容は村高年貢高)、戸数、人口、山林、河川、牛馬数など。巡見使[1]廻村[2」の際にも同様のものが提出されました。[3]

上に示した史料の武州多摩郡大沼田新田(旧東京都小平市)の名主家に残されていた村明細帳には、牛馬数は示されていませんが、用水鷹場御用、水車城跡、御巣鷹山などの記述が見られます。

村の概要においては、村絵図が視覚情報、村明細帳がテキスト情報あり、実際、村絵図は村明細帳に添えられたりしました。

  

補註

  1. 巡見使:幕府が将軍の代替わりごとに、幕領・私領の施政や民情などを査察させた特使のこと。
  2. 廻村(かいそん):幕府や藩の役人などが村落を視察してまわること。
  3. 林英夫 監修『音訓引き古文書字典』(柏書房、2004年)

史料情報

  • 小平市立図書館所蔵 當間家文書『村方銘細帳』(D-4-4)元文元年
  • 当サイトは小平市立図書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

村明細帳

1.村明細帳とは/2.大岡越前御検地/3.用水、小物成、家数/4.鷹場、御林、水車/5.圦樋、城跡、御巣鷹山

関連記事

村入用帳とは名主給と定使給通信費・光熱費など五人組前書