くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 異体字

異体字その6

異体字(旧字)一覧 部首索引 七画~

目次

部首索引:七画八画一〇画一一~一五画

その他解説参考文献関連記事

七画

八画

一〇画

一一~一五画

その他

解説

古文書や漢文によく出てくる異体字(旧字)を集めました。この頁では、部首七画以上を収録しています。

当一覧は、學(学)、藝 (芸)、斎(斉)などあえて覚えるほどのものではない字体はきほん外しています。また、異体字の使用例として(くずし字は難しいので活字で確認できる)字体にリンクを貼りました。

ピックアップ

「閒」(間)は、とじた門から月光がもれることから、すき間の意味。

「齒」(歯)は、もと口の中の上下に歯の並んだ象形。止は音標で、先秦(前221年の秦による統一国家成立以前)の篆書から加えられるようになりました。また、年とともに歯が生えたり抜けたりすることから、年齢、よわいの意味を表します。

  

参考文献

関連記事

異体字

異体字とは異体字を覚えよう重要字体 厳選35個

異体字一覧 部首索引 一~三画,四~六画,七画~

近代文学

1.はじめに/2.夏目漱石『こゝろ』/3.坂口安吾『堕落論』/4.葛西善蔵『子をつれて』

5.太宰治『待つ』/6.宮沢賢治『どんぐりと山猫』/7.高見順『あるリベラリスト』