くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 世界商売往来

世界商売往来その3

外国船の構造 機関外車、罐、縲旋とは

史料

船の構造_世界商売往来

※無断転載禁止

解読文

あり、蒸気(ジヨウキ)ありて。之(コレ)には

  • 煙筒(エントウ,ケムタシ/chimney.)蒸気船の内にある釜の上にたてゝ、煙頭の煙を外へぬくもの
  • 罐(カン,カマ/boiler.)此釜にて石炭を焚き、蒸気をはしらへ機関をはたらかす
  • 機関(キカン,シカケ/engine.)。外車(クワイシャ,クルマ/-)船の左右にありて水をかき、船を進めぬくもの
  • 縲旋(ルイセン/screw.)船の後にうけて之を廻して船を自在す、の両種(シュ)あり又(マタ)帆前(ホマヘ)に於(オイ)ては大中小(タイチウヤウ)の
  • 帆(ホ/sails.)中の社へはるもの、へさきへはるもの、に
  • 檣(ホバシラ/mast.)

解説

明治四年(1871)刊行世界商売往来は、最初に世界の国名を紹介し、次に嘉永六年(1853)ペリー来航いまだ鮮明のごとく、外国船の構造を紹介しています。

エンジンは機関(きかん )、蒸気機関を機関外車(きかん がいしゃ、しかけそと くるま)、ボイラーは罐(カン,カマ)、スクリューは縲旋(ルイセン)としています。

異体字で船を舩、関をと表記。二行目、煙筒の「筒」の竹冠は、古文書で典型的なくずし方です。

  

史料情報

  • 表題:世界商売往来
  • 年代:明治 4(1871)/出所:橋爪貫一著/宛所:雁金屋清吉外/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3378
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

世界商売往来

1.世界商売往来とは/2.世界の国名/3.船の構造/4.航海道具/5.武器や武具/6.洋服の名前

7.装飾品の名前/8.文房具の名前

関連記事

百姓往来女大学西洋時計便覧黒船来航_瓦版ペリー来航日米修好通商条約