くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 異体字

異体字その5

異体字(旧字)一覧 部首索引 四~六画

目次

部首索引:四画五画六画

解説参考文献関連記事

四画

宮沢賢治 論語顔淵24 論語学而04 論語微子09 太宰治 論語公冶長12
論語学而02

五画

玉(王)
世界商売往来 引札 論語雍也12 坂口安吾 論語公冶長01
論語雍也04 世界商売往来 論語八佾18 論語先進25 女大学
高見順 論語陽貨21

六画

論語憲問18 論語憲問42 小学算術書1 論語為政23 論語雍也24
夏目漱石 論語衛霊公17 夏目漱石 論語李氏01 論語雍也12 論語公冶長10 論語八佾18
旅行用心集 葛西善蔵 小学算術書 世界商売往来

解説

古文書漢文によく出てくる異体字(旧字)を集めました。前頁に続いて、この頁では部首四~六画を収録しています。

凡例

  1. 學(学)、藝 (芸)、斎(斉)などあえて覚えるほどではない字体はきほん外した。
  2. 使用例として(くずし字ではなく、成るべく活字で確認できる)史料を挙げ、リンクを貼った。
  3. 2はできなかったが『論語』[参考文献3]で確認できた字体は編名・節番号ともに付した。

ピックアップ

「臺」(台)は、至(人がいたる)+高(物見台)+士(ゆく)。人が来るのをみる物見台の意味です。台は「臺」の字画を省略した文字です。

「羣」(群)は、羊+君(→群、まとまる)。ひつじがむらがる、むれの意味です。

「畫」(画)は、聿(ふで)+田(猟や農耕のため区切った地)+囗(四つに分けられた線)。もと筆で図を書くさまに象り、図形を区切り描く意味です。画は「畫」の字画を省略した文字。

  

参考文献

  1. 小学館辞典編集部 『現代漢語例解辞典』(小学館、1996年)
  2. 「難字大鑑」編集委員会『異体字解読字典』(柏書房, 1987年 )
  3. 平岡武夫『全釈漢文大系〈1〉論語 (1980年)』(集英社, 1980年 )

関連記事

異体字

異体字とは異体字を覚えよう重要字体 厳選35個

異体字一覧 部首索引 一~三画,四~六画,七画~

近代文学

1.はじめに/2.夏目漱石『こゝろ』/3.坂口安吾『堕落論』/4.葛西善蔵『子をつれて』

5.太宰治『待つ』/6.宮沢賢治『どんぐりと山猫』/7.高見順『あるリベラリスト』