くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 引札

引札その2

御蒸菓子所広告

史料

引札・御蒸菓子所広告

※無断転載禁止

解読文

銘茶砂糖掛物/御蒸菓子所/武州本庄町近伝

解説

史料は年代がわからないのですが(明治時代あたりカ)、武州本庄町近伝(埼玉県本庄市)という御茶菓子屋さんの引札(広告)です。

掛物(かけもの)とは豆やケシの実・ゼリーなどを芯(しん)にして砂糖をかけた干菓子。豆板・コンペイトーなど。

二行目の所および三行目のは州、は伝が異体字で書かれているので、意外にも少々解読が難しいです。

  

史料情報

  • 表題:銘茶砂糖掛物御蒸菓子所広告
  • 年代:―/出所:武州本庄町近伝/形態:一紙
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書5681
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

引札

1.冬衣売出し広告/2.御蒸菓子所広告/3.御鼻紙袋・煙草粉入

関連記事

世界商売往来かわら版とは象見世物黒船来航