くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

江戸時代の労働の実態を「奉公人請状」から紐解こう!

史料 奉公人請状1-1(たみ奉公ニ付)

奉公人請状その1 たみ

※無断転載禁止

解読文

奉公人手形之事/一 当年ノ夏成御年貢差支無拠此たみ与申女慥成者二付、我等請人二罷立当年ノ閏五月ゟ来ル極月迄、壱季御奉公ニ差出給金之儀者、壱両壱分二相究申候、給金之外ニ金三分別段借用申処実証也

都合金弐両慥二請取、御年貢御上納申候所、実証二御座候、金三分之儀者来ル極月首尾克御暇被下候節、元金三分者無相違返済可仕候、然ル上者給金之外者一切御構なく御召仕可被成候、御家御作法何二而も為相背申間敷候、若病者其外取逃欠落相仕候ハヽ、御作法通可被成候事

一 御公儀様御法度之義者不及申候事/一 宗旨之義者代々禅宗大谷村・宗悟寺檀那紛無御座候事

武州比企郡上山田村 人主・多兵衛、請人・磯五郎/弘化三酉年ノ閏五月廿五日/板井村・平兵衛殿(読み下し文はこちら

現代語訳

奉公人の証文のこと/一 当年の夏に納める畑年貢に差し障り、やむをえず、このたみと申します女は確かな者ですので、我らが保証人にとなり、当年の五月より12月まで(およそ)一年間御奉公に差出します。

給料のことは一一分(およそ95,000円)に決定しました。給金のほか金三分(およそ60,000円)はとりわけお借りしましたこと確かです。都合、金二両(およそ150,000円)は確かに受取り、年貢として上納しますこと確かです。金三分については、来る一二月に都合よくお暇をいただけた時に元金三分は間違いなく返済します。

そういうことですので、給金のほかは一切お構いなく召し抱えください。お家の御作法は何れも背くことはさせません。もし病気をしたり、窃盗して逃げたり、家出をしましたら、御作法の通りにしてください。一 御公儀様の御法令のことは言うまでもありません。一 宗派につきましては、代々禅宗大谷村(現 埼玉県東松山市)宗悟寺の檀家に間違いありません。

武州比企郡上山田村(現・埼玉県比企郡滑川町)身元保証人・多兵衛、連帯保証人・儀五郎/弘化(江戸後期)三五月二五日/板井村(現・埼玉県熊谷市)平兵衛殿(同村名主)

解説

奉公人手形とは、奉公人請状(ほうこうにんうけじょう)のこと。簡単にいうと、江戸時代の労働契約書です。雇われる方が、奉公の期間、給金、労働条件などを書いて、雇い主に提出します。

古文書の学習がある程度進むと、手引書等で奉公人請状を目にすることも多々あるのですが、質地証文同様流し読み(笑)していました。そんな私と同じ方は、次ページにて奉公人請状の解読方法を掲載したのでチェックしてみてください。初学者の方も参考までにどうぞ!

  

史料情報

  • 表題:奉公人手形之事(多み壱季奉公ニ付)
  • 年代:弘化 3丙午.閏5.25/出所:比企郡上山田村多兵衛外1名/宛所:板井村平兵衛
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家507
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考資料

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.済口証文

14.金子請取 15.借用手形/16.質地証文 解読文,17.解説/18.年貢定免請状 19.年貢受取状

20.変死体の処理その1,21.その2,22.その3/23.村絵図とは 24.右側解読 25.左側解読/26.急廻状請取り

関連記事

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政/3.孝(こう)/4.弟(てい)/5.忠(ちゅう)/6.信(しん