くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 絵入知慧の環

絵入知慧の環4

いのしし、おほかみ、こまなど

史料

絵入知慧の環5

※無断転載禁止

解読文と解説

一行目

ゐのしゝ のぼり おほかみ
猪/ゐのしゝ 幟/のぼり 狼/おほかみ
「ゐのしし」の「ゐ」は「い」と発音。漢字の「為」をくずした変体仮名[註1]。 「のぼり」の「ほ」は漢字の「本」をくずした変体仮名です。 「おほかみ」の「ほ」も、左ののぼりと同じく、「本」をくずした変体仮名。

二行目

くも やなぎ まつ
蜘蛛/くも やなぎ/柳 松/まつ
「くも」の「も」は漢字の「毛」をくずした仮名です。 「やなぎ」の「な」は漢字の「奈」をくずした変体仮名です。 これは問題なく読めてしまうので一休みしましょうか。ふー

三行目

けし ふぢ こま
罌粟/けし 藤/ふぢ 独楽/こま
「罌粟」って難しい漢字ですね。 歴史的仮名遣い[註2]により、ふ「ぢ」と表記しています。 「こま」の「ま」は、漢字の「末」をくずした仮名です。

四行目

えび てまり あさがほ
蝦、海老とも/えび 手毬/てまり 牽牛花/あさがほ
現代では蝦より海老の方が一般的ですよね 「てまり」の「ま」は、漢字の「満」をくずした変体仮名です。 「あさがほ」の「が」は、漢字の「可」をくずした変体仮名です。

このくずし字に注目!

4行目のこま「ま」は漢字の「末」をくずした変体仮名ですが、横の棒が二本ではなく、一本しかありません。古文書に出てくる「ま」はこのように横の棒が一本だけの場合が多いです。

  

補註

註1:変体仮名とは、現在普通に用いられている平仮名とは異なる字体の仮名です。詳しくは古文書の文字の種類をご参照ください。

註2:歴史的仮名遣いとは、現代仮名遣い(昭和21年内閣告示)まで使われていた仮名の表記方法の一つです。歴史的仮名遣いは現代仮名遣いと違って、発音と書き方に大きなズレがあります。例えば、「てふてふ」と書いて「チョーチョ」、「ぐわいこく」と書いて「ガイコク」と発音したりします。

史料情報

  • 表題:絵入知慧の環 初編上
  • 年代:明治6.5(1873)/出所:古川正雄著/宛所:岡田屋嘉七/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書4197
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

絵入知慧の環

1.絵入知慧の環とは/2.いぬ、にはとり/3.わらび、ねこ/4.いのしし、おほかみ

5.さくら、みかん/6.数字の読み方/7.父母の書き方/8.父母の呼び方/9.東西南北、左右上下

10.天地、日月/11.草木/12.日のいづるかたに/13.春夏秋冬/14.花見、涼み

15.月見、雪見/16.行事、風物詩/17.田をすく、種まき/18.田植、早乙女

19.田を刈る/20.稲こき、臼を引く

関連記事

近代文学で覚える異体字と歴史的仮名遣い

1.はじめに/2.夏目漱石「こゝろ」/3.坂口安吾「堕落論」/4.葛西善蔵「子をつれて」

5.太宰治「待つ」/6.宮沢賢治「どんぐりと山猫」/7.高見順「あるリベラリスト」