くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 名前の解読

名前の解読その11

動物の名前の解読

読めるかな?

鳥 鳩 鶏
鳥のくずし字は理屈抜きで覚えるしかありません。鳥はこんなふうにくずします。 現代では余りいないと思いますが、江戸時代、鑑賞用に鳩を買う農民が結構いたようです。 難しいくずし字ですが、左記の「鳥」や「鳩」のくずし字と見比べてみると面白いかと思います。
雉 鷹 猪
現代では雉を見る機会は余りないと思いますが、江戸時代の農村には結構いたようです。 鷹は徳川将軍家のシンボル。将軍家に許しを得た大名家のみ鷹狩りができます。 今、民家に猪が出ることは滅多にありませんが、江戸時代には猪がよく出ては田畑を荒らしました。
鹿 兎 馬
鹿
鹿もよく田畑を荒らし、農村の人を困らせました。そんな田舎でなくとも頻繁に鹿が出てくる風景って今では考えられませんね。 兎は今、ペットとして大人気ですが、江戸時代では兎も猪鹿に続いて田畑を荒らす代表格でした。 馬の典型的なくずし字です。宿場に人と馬を提供する時に「人馬」ということばを頻繁に使います。
猫 犬 鰻
獣偏が手偏の様ではありますが、なんとか読めますね。 昔は犬を食べてしまう人もいたので、綱吉は生類憐みの令を施行したいう説もあります。 最後に魚類という変化球。

ひとくちメモ

動物のくずし字もまたクセのあるものが多いのですが、古文書の学習の息抜きがてら楽しんでいただければうれしいです。

  

名前

官職名

1.官職名その1/2.官職名その2/3.官職名その3/4.国司その1/5.国司その2

固有名詞

6.武士の名前/7.左衛門/8.右衛門/9.兵衛・郎/10.助・蔵・数字など/11.動物の名前

関連記事

数字の解読

1.十干/2.十二支/3.閏月/4./5./6./7./8.面積・量