くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座

西洋時計便覧

西洋時計便覧 目次兼名言集

明治初期の時計マニュアルで、逆に江戸時代の時間の数え方を理解しよう。

目次

  1. 柳河春三 著:本の概要、著者プロフィール。
  2. 日本時計との違い:「それ時計は、一昼夜の間の時刻を測る具にして万民必要の(うつわ)なり」
  3. 種類や特徴:「今の時計の精密なる事、一昼夜の八万六千四百分一まで、測かるに差(たが)はざる」
  4. 懐中時計表面:「袖時計(そでどけい)一名(いちみょう)根附時計、全躰の図左の如し」
  5. 開いた図:「毎日一度て同じ時刻にまくべし」
  6. 調整の仕方:「針の両方にSF(スフ)又はAR(アル)の二字を記す」
  7. 時間の刻み方:「四季の違(ちが)ひめ無ければ、五時にて日の出る時もあり。」
  8. 時計の見方:「第一時と第二時との正中は、即ち三十分なり。依(よつ)て一時三十分といふ。」
  9. 図解 時計の読み方:「長針一週すれば、短針即ち正しく其時の字を指す」
  10. 不定時法対応表:午後昼九ツ、(ひつじ)時昼八ツ時って何時?

史料情報

  • 表題:西洋時計便覧
  • 年代:明治二年(1869)/出所:柳河春三著/宛所:柳河氏采英書屋/形態:折本
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3335
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。