くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 身近なくずし字

身近なくずし字その12

鰹たたきのたれ

史料

鰹たたき_たれ

解読文

祢保゛希(ねぼけ)

解説

昨日(2017年9月9日)、家の台所で見つけたくずし字です(笑)。祢保希(ねぼけ)とは、東京に本社がある加寿翁(かずおう)コーポレーションが経営する老舗の日本料理店の名前。お店のHPはこちら

1917年、高知県高知市新京橋において創業。一本釣りのカツオや高知産野菜など使った土佐料理が名物です。ロゴは、老舗の日本料理店にふさわしい、難しい変体仮名で書かれています。

現在使われている平仮名の「ね」も「ほ」も、元になった漢字は「祢」「保」。然しながら今と書き方がだいぶ違うので大変難読ですね。

現在使われている平仮名の「け」の元になった漢字は「計」。古文書の仮名、すなわち変体仮名の「け」は、このロゴのように「希」をくずした字体で書かれることも少なくありません。祢保希の「け」として覚えておきましょう。

  

身近なくずし字

1.わりばしその1/2.のし/3.わりばしその2/4.日本酒/5.贈答品/6.お寺のお札

和菓子:7.ロゴその1/8.ロゴその2/9.ロゴその3/10.品名その1/11.品名その2/12.鰹たたきのたれ

関連記事

看板・扁額

1.鎌倉編その1 /2.鎌倉編その2/3.鎌倉編その3/4.川越編/5.昭和レトロ館

6.お寺の額(扁額)その1/7.お寺の額その2/8.御詠歌/9.江戸時代の女性の名前

異体字一覧

1.異体字とは/2.異体字を覚えよう/3.異体字一覧その1/4.一覧その2/5.一覧その3