くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

江戸時代の納税誓約書「年貢定免請状」

史料

年貢定免請状

※無断転載禁止

解読文

差上申御定免御請証文之事/御知行所武州男衾郡板井村、御取箇之儀、田方御米五石六斗、畑永七貫五百九拾五文弐分八りん

右之通り当酉年ゟ来ル丑年迄五ヶ年季御定免奉願上候処、願之通被 仰付難有仕合奉存候、然上者、年季之内何様之日損水損有之候とも、三歩迄之損毛者御引方御願申間敷候、三歩余之損毛有之候ハヽ、奉請御見ぶん御取箇被 仰付次第御上納可仕候、依而御定免御請証文奉差上候処、依而如件

御知行所武州男衾郡板井村 名主・平重郎、組頭・源七、百姓代・寅之助/万延二酉年/正月日/長塩隼人様御内/伊東肇殿(読み下し文はこちら

現代語訳

御定免(じょうめん/一定期間、年の豊凶に関わらず定額の年貢を納める)誓約書を差し上げます。御知行所・武州男衾郡板井村(現 熊谷市)の年貢額について、米は米五石六斗、畑は七貫五百九拾五文弐歩八厘です。右の通り当年より来る丑年まで五ヶ年間、定額の年貢を納めることをお願い申し上げましたところ、聞き届けられて感謝申し上げます。

このうえは、期間内にどのような日照りや水害がありましても、三歩(約一〇㎡)までの損害はご減免のお願いはいたしません。三歩余の損害がありましたならば、お取り調べを受けたうえで年貢を仰せ付けていただければ、順次御上納いたします。したがって御定免の御誓約書を差し上げますところ、この通りです。

御知行所武州男衾郡板井村 名主・平重郎、組頭・源七、百姓代・寅之助より/万延(まんえん/江戸後期)二酉年一月日/長塩隼人(旗本)様御内 伊東肇殿へ

解説

検見法と定免法

毎年の年貢は、村単位で割り付けられます。また、村の年貢額を決める検地には、毎年収穫前に幕府役人を派遣し、実際の収穫によって年貢額を決める検見法(けみほう)と、過去数ヵ年の収穫量の平均を基礎として定められた額をその年の豊凶に関わらず納める定免法(じょうめんほう)がありました。

一概にどちらががいいとは言えないのですが、江戸中期ごろから定免法が一般的になりました。詳しくはこちらをご参照ください。検見法の場合は幕府等の役人が村宛てに「その年の」年貢の割付額を示した年貢割付状を発行。現代の税金―国保や年金なども毎年、予め国から金額を示した封書が届き、その通りに徴収される流れですよね。

定免法の場合は史料のように「一定期間の」年貢の割付額を示した年貢定免請状を村役人が幕府の役人(旗本)宛てに提出します。納付する方が書くって、妙な気もしますが。

解読のヒント

史料本文二行目の数字や単位の解読に躓いた方は、面積・量の解読石高(こくだか)とはでおさらいしてみてください。初学者は二行目がスラスラ読めればOK。本文一行目の取箇(とりか)は年貢のこと、五行目の日損(にっそん)は日照りによる農作物の損害、六行目の引方(ひきかた)は年貢の減免、損毛(そんもう)は自然災害で農作物が被害を受けることの意味です。

史料は特に難しいくずし字はありませんが、上記の通り、江戸時代の政治のあり方とか、言葉の意味がわからないと難しいと思います。大切なことなので繰り返しますが、古文書を学ぶ=くずし字の解読ではありません。政治のあり方とか、言葉の意味の方もできる限りバランスよく学習することが肝要です。

  

史料情報

  • 表題:質地証文之事(下畑・荒山、壱反壱畝十五歩)
  • 年代:天保11庚子.11./出所:名主源兵衛外1名/宛所:たよ
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家397
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

証文・手形など

領収書借用手形質地証文 解読文,解説/年貢定免請状・年貢受取状

変死体の処理その1,その2,その3村絵図とは,右側解読,左側解読急廻状請取り

関連記事

江戸時代の生活と文化

武士の俸禄の種類年貢米の納め方村のしくみ宿駅のしくみ組合村小組合大組合