くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 証文・手形

証文・手形など

奉公人請状2-3(森重郎奉公ニ付)

史料

全体図

奉公人請状2-3全体図

※無断転載禁止

黄色枠内拡大

奉公人請状2-3

※無断転載禁止

解読文

一 宗旨之儀者、代々禅宗同村正光寺旦那ニ紛無御座候、若御法度之悪宗門与申者御座候ハヽ、拙者何方迄茂罷出急度申訳可仕候、為後日奉公人手形為念申処依而如件

寛政五年一二月日/武州大里郡大麻生村 人主・てる㊞、引請人・弥重郎㊞、引請人・濱次郎㊞/板井村 平重郎殿

読み下し文

一 宗旨の儀は、代々禅宗同村正光寺旦那に紛れ御座無く候、もし御法度の悪宗門と申す者御座そうらわば、拙者何方迄(いずかたまで)もまかりいで、きっと申訳け仕るべく候、後日のため奉公人手形、念のため申すところよってくだんのごとし(以下解読文に同じ)

現代語訳

一 宗旨の儀は代々禅宗同村正光寺檀家に間違いありません。もし禁制の宗門と申す者がいましたら、拙者はどこまでも出向いて必ず弁明します。後日の証拠として、奉公人証文を念のため差し出し申しますところ、この通りです。

寛政(江戸後期)五年一二月日/差出人:武州大里郡大麻生村(現・埼玉県熊谷市)保証人・てる㊞、連帯保証人・弥重郎㊞、連帯保証人・濱次郎㊞/宛名:板井村(現・埼玉県熊谷市)平重郎殿(同村名主)

解説

「旦那(だんな)」とはここでは「檀家」の意味です。奉公人請状は初心者向けの手引書に結構、載っていたりするのですが、改めて大真面目に解読してみると、結構難読だなあという印象です。よって、証文・手形類すなわち候文の解読は、通行手形人別送り状で慣れたあと、奉公人請状にチャレンジするという順番がよいかと思います。

  

史料情報

  • 表題:奉公人請状之事(森重郎奉公ニ付)
  • 年代:政 5午.12./出所:大里郡大麻生村てゑ外2名/宛所:板井村平重郎
  • 埼玉県立文書館所蔵 飯島家445
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

参考資料

証文・手形など

通行手形:男手形 解読文,解説女手形/三行半:離縁状 解読文,解説

人別送り状:銀次郎娘とよ平蔵娘ちよ/奉公人請状:たみ解読文,解説森重郎その1,その2,その3

済口証文:不義密通アルコール依存の息子,その更生と顛末_本文,文末

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名