くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 旅行用心集

旅行用心集その13

江戸時代の履き物その1

史料

寒い国の履き物

※無断転載禁止

藁沓(わらくつ) 

藁沓(わらくつ) 

解読文

藁沓(わらくつ)/是はすね迄つくり付なり、越後にて多くこれを用ゆ

現代語訳

これは、すねまで作りつけたものだ。越後(新潟県)にて多くこれを用いる。

藁はばき(わらはばき)

藁はばき(わらはばき)

解読文

藁(わら)はゞき/これは、寒気をよくふせくものなり、又、蒲(かま)はゞきもあり、然とも寒気をふせくには、藁にしくはよし

現代語訳

これは寒気をよく防ぐものだ。又、蒲はばきもある。しかしながら寒気を防ぐには藁のものがいい。

はばきとは?

はばきとは、旅行や作業などの際、すねに巻きつけてひもで結び、動きやすくしたものです。

おりふきわらじ

おりふきわらじ

解読文

ヲリフキわらじ又みかけわらじともいふ 又頭はかりなヲリツキといふ

現代語訳

ヲリフキわらじ又、みかけわらじとも言う。又、つま先部分をヲリツキといふ

源平赤くつ

源平赤くつ

解読文

源平赤くつ/藁(わら)にて作り、口へ木綿ヲ付るなり、廉なる物は木綿を付ず、武士町屋多く是を用ゆ

現代語訳

藁(わら)で作り、口へ木綿を付ける。粗末まものは木綿を付けない。武士や町屋が多くこれを用いる。

赤綿たび

赤綿たび

解読文

赤綿(あかわた)たび/是は赤わたぼうしを作る木の皮にて、織たるたびなり、下賎の人多くこれをはく

現代語訳

これは赤綿帽子を作る木の皮で織った足袋である。身分の低い人が多くこれを履く。

解説

史料は江戸時代の寒い国を旅する時に現地で調達した方がよいとされる、頭巾や草履を紹介しています。当ページではページ下部の履物についての解読をしています。

源平赤くつは、現代の履物と形がほぼ同じですが、藁(わら)でできている所が面白いですね。また、身分の高い人と低い人とで履くものが変わってくる点も見逃せません。

史料は解読が初心者の方には結構難しいものとなっておりますので、とりあえず江戸時代の人がどんなものを履いていたか豆知識として頭に入れていただき、純粋に史料を楽しんでいただければうれしいです。

  

史料情報

  • 表題:旅行用心集
  • 年代:文化 7(1869)/出所:八隅芦庵/宛所:須原屋伊八外/形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3361
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

旅行用心集

1.旅行用心集とは/2.東海道、木曽路Ⅰ/3.東海道、木曽路Ⅱ/4.旅の前日/5.持ち物について

6.宿の確認事項/7.毒虫にはご用心/8.馬、駕籠などの手配/9.夏の食べ物/10.ソリの種類

11.雪かきの道具/12.頭巾や帽子/13.履き物その1/14.履き物その2/15.白澤の図/16.旧国名・日本地図

17.足のツボ/18.旅行用バッグ/19.旅行の持ち物/20.日記の書き方/21.天気予報

関連記事

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形宿駅のしくみ1貫の重さ宿駅のしくみ