くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 看板・扁額

看板・扁額

川越くずし字看板 菓子屋、甘味処など

埼玉県川越市の変体仮名異体字(旧字)で書かれた看板やのれん集です。読めるかな?

問1

だんご

だんご

「だ」は「多」、「ご」は「古」をくずした変体仮名。現行の平仮名「た」は「太」、「こ」は「己」をくずした字体。

 

問2

せんべい

せんべい

写真の「い」も、現行の平仮名「い」も共に「以」をくずした字体。

問3

富士屋 じまん

富士屋 じまん

甘味処。自慢焼。「じ」は「志」をくずした変体仮名。現行の平仮名「し」は「之」をくずした字体。

問4

まつおか

まつおか

種苗店。「ま」の横棒が一本足りませんが、古文書ではこの様にくずすことが多々アリ。

問5

くらづくり本舗

くらづくり本舗

川越で有名な和菓子屋。「本」は古文書における典型的なくずし字。

問6

やましん

やましん

こちらは何屋さんだったけ…汗。「し」は「志」をくずした変体仮名。「し」だけが漢字で書かれているように見えますが全て仮名。

問7

飴屋むぎ棒本舗

飴屋むぎ棒 本舗

菓子屋。「屋」がかなりぐずされていますが、古文書における典型的なくずし字。

  

看板・扁額

1.鎌倉編 蕎麦屋 日本料理 2.和食屋 和菓子店 3.薬局、旅館、酒屋 4.川越編

5.青梅 昭和レトロ館 6.京都 広隆寺 7.奥州市 社寺 8.秩父 金昌寺 9.江戸時代の女性の名前

関連記事

文字の書き方の歴史冬衣売出し広告御蒸菓子所広告御鼻紙袋・煙草粉入