くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 入門講座
  3. 女大学

女大学その2

江戸時代の安産の秘訣その2

史料

女大学_江戸時代の安産の秘訣その2

※無断転載禁止

現代語訳(枠内)

さて、妊娠中は、少し気分が悪いといっても、むやみに売薬などを服してはいけない。大方は、よく養生して、薬を服(のま)ないのがよい。

もし薬を用いろうとするならば、熟練した医者を頼りにすること。夏月といえども、板敷などにいて、腰を冷やしてはならない。冬ならば、腰巻など厚くして、温かくすること。

また、針仕事などしても、飽きて疲れるまでしてはならない。程よく体を動かし、はたらいて、よく慎み守れば、必ずよき子が生まれ、一生の宝となるだろう。

この外、産前・産後の育て方は、子の数多い老女に聞いて、相談すること。出産が軽かったとして、のちに慎まなかったならば、大いな害があるだろう。

解説

史料では前ページからの続きで江戸時代の女性の妊娠の過ごし方について説いています。

挿絵は、傘の中の女性が前に赤ちゃんを抱っこしていて、周りには下女や下男と思われる人々が付き添っており、出産を祝福するように小鳥もたくさん集まって来て、微笑ましいですね。

  

解読文(枠内)

さて、懐胎(くわいたいひ)のうちは、少(すこ)し気分(きぶん)悪(あし)きとて、むざとしたる売薬(ばいやく)など服(のむ)へからず、大(おほ)かたはよく養生(やうじやう)して、薬(くすり)服(のま)ぬがよし

もし薬(くすり)を用(もち)ひんとならば巧者(こうしや)なる医(い)を恃(たの)むべし、夏月(かげつ)といへども、板敷(いたじき)などに居(を)りて、腰(こし)を冷(ひや)すべからず、冬(ふゆ)ならば、腰(こし)まきなど厚(あつ)くして、温(あたゝか)にすべし

又(また)針線(はりしごと)などするとも、倦労(うみつか)るゝまでなすべからず

程(ほど)よく、体(たい)を動(うご)かしはたらきて、よく慎(つゝ)しみ守(まも)らは、かならずよき子(こ)を産(うみ)て、一生の宝(たから)なるべし

此外、産前・産後の養(やしな)ひ方は、子(こ)数多(あまた)もてる老媼(おうな)に問(とい)て、計(はか)らふべし、産(さん)軽(かろ)しとて、後(のち)を慎(つゝし)まざれば、大なる害(がい)ありとなん

史料情報

  • 表題:女大学栄文庫
  • 年代:嘉永 4. 8.(1851)/宛名:山本平吉
  • 埼玉県立文書館収蔵 小室家文書2342
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納/13.結婚式

14.安産の秘訣1/15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク古文書講師になれました