くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 百姓往来

百姓往来その6

信(しん)とは

史料と解読文

信(しん)-百姓往来

※無断転載禁止

現代語訳

信(しん):友人と交わることは、この世にいる人に交わり、諂(へつ)らいは常のならいなり。

落ぶれてふびんで貧しき人には、情けをかけ、とりわけ親しく交わること。

これが人の誠と言うべきものなのだが、今時はそうではなく、とかく人を捨てて、金銀に交わるが世の中なり。

歌に「数ならぬ 身をとふ人の 心して いつはりなき 情なりけり」

(自分は取るに足らない身だと問う人の心を持ってすれば、偽りもない情けになるのだ。)

用語解説

朋友(ほうゆう):ともだち。友人。

便なし(びんなし):いたわしい。ふびんである。

懇ろ(ねんごろ):親しいさま。

さにあらず:そうではない。

数ならぬ身(み) :とるに足りないわが身。

全体的な解説

孝(こう)、弟(てい)、忠(ちゅう)ときて最後の信(しん)ですが、「とかく人を捨てて金銀に交わるが世の中なり」とあります。歴史は繰り返すとはこのことでしょうか。大変興味深いですね。

実際、江戸時代、都市から農村にお金が流れてきたあたりから、農村はどんどん衰退していきます。お金儲けを得意とする人、苦手とする人で格差が生まれてきてしまうんですね。

現代もお金がものを言う世知辛い世の中ですが、だからこそこの信(しん)の教えは胸に強く響くものがあります。

  

史料情報

  • 表題:百姓往来
  • 年代:文政 3/出所:浪花禿帚子再訂 /宛所:西村屋与八外 /形態:竪帳
  • 埼玉県立文書館寄託 小室家文書3384
  • 当サイトは埼玉県立文書館から掲載許可を頂いてます。
  • ※無断転載を禁止します。

百姓往来

1.百姓往来とは/2.仁徳天皇の仁政/3./4./5./6.信/7.耕作の道具/8.年貢の納め方、助郷

関連記事

五人組前書(五人組帳)

五人組前書とは一~ニ条三~六条七~九条一〇~一二条一三~一四条連印差出人・宛名

願書(吉田市右衛門文書)

1.吉田市右衛門とは/2.文書の概要/3.祖父のこと/4.父のこと/5.村の人口減少/6.父の遺言

7.水害の影響/8.幕府へ貸付/9.水害村も救済/10.結びの言葉/11.差出人と宛名