くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文書館

文書館その1

文書館とは

概要

埼玉県立文書館 もんじろう
埼玉県立文書館 もんじろう

文書館(もんじょかん)とは、戦国時代や江戸時代、明治時代など、古い時代に書かれた文書を収集、保管している公共施設です。一般利用者がそれら古文書を無料で閲覧することも可能です。よって昔のことで調べたいことがあったら、臆せず文書館を利用すべきです。

しかしそうは言っても、かなり敷居が高いと思いますので(私はいまだ高く感じる)、この章で文書館の利用方法を徹底レクチャーしますのでご参考ください。

図書館との比較

文書館の閲覧室は古文書を閲覧する為の机と椅子真ん中に置き、本棚が少ないのが特徴です。閲覧室以外の部屋は一般利用者はほとんど立ち入ることはない部屋ばかりです。図書館のノリで文書館に行くと、戸惑うこともあるので、図書館と文書館の違いを表にまとめました。概ねこんな感じです。

図書館 文書館
文献持ち帰り 不可
文献コピー 複製資料は可。古文書原本は不可だが写真撮影可。
閲覧方法 申請なしで本を手に取ることができる。 受付に指定した古文書を収蔵庫から出納してもらう。
本棚の配置 本棚がメインで、机と椅子は隅。 机と椅子がメインで、本棚は隅。
研究テーマ なくても楽しめる。 研究テーマがある程度決まってないと行ってもすることがないかも?
利用証 あり あり
施設の数 各市町村に一つはある。 各都道府県に一つはある。
難易度 やさしい。 難しい。
  

文書館

1.文書館とは/2.研究テーマ/3.古文書検索/4.持ち物/5.利用証/6.出納/7.撮影・コピー

8.国立国会図書館

関連記事

1.古文書用語辞典/2.候の用例辞典/3.古文書の記号/4.現代語を古文書用語に変換/5.変体仮名早見表