くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文書館

文書館その3

古文書の検索方法

検索端末 目録
検索端末 目録

検索端末

以外に難しいキーワード検索

文書館の古文書を検索するには大きく、検索端末と目録、二種類の方法があります。検索端末の場合、埼玉県立文書館の場合は収蔵資料検索システム 横断検索があり、検索自体は自宅からでもできます。例えばここに地元の偉人として吉田市右衛門とか入力して、古文書にチェックを入れて検索すると、関連の古文書がズラーッと出てきます。

大変便利なのですが、漠然とでもテーマが決まってないとワードの入れようがないです。そもそも私が吉田市右衛門を知ったきっかけというのは、埼玉県立文書館の閲覧室の棚の本を読んで知ったのであり、検索端末から拾ってきたわけではありません。

目録

家別に分類

文書館には検索端末の他に目録という紙の本があります。普通、図書の場合はジャンル別に分類されていますが、文書館の目録は鈴木家・田中家・斎藤家など「家別」に分類されています。階層は、鈴木家>>時代(中世、近世、近代など)>>ジャンル(支配、鷹場、治安、暦、典籍など)といったふうになっています。

埼玉県立文書館所蔵のはしか絵旅行用心集などは、小室家に残されていた文書です。江戸時代代々医者の家系であった小室家は、医学に関係する文書が多いのですが、古書蒐集も熱心だったので医学以外の典籍も多く所有。一方、同館所蔵の通行手形人別送り状などは、代々名主家である飯島家に残されていた村方文書です。このように家によって残されている文書に偏りがあります。

図書館にもある

目録は文書館に行かずとも、地元の図書館に置いてあることも多いです。変死体の処理の文書は、図書館で飯島家の目録を適当にパラパラめくっていたところ「差上申一札之事(首縊人之死骸処理、並ニ変死等ニ付)」という表題を目にして、面白そうだと思い文書館で出納してもらいました。で、なんとなく解読。文書館の古文書に解読文は付いていませんので、自力で解読せねばなりません。しかしそれで私は鍛えられたところがあります。

話が飛びましたが、目録は家別なので初めは検索端末より敷居が高く感じられると思います。しかし慣れてくると目録もなかなか便利で面白いです。検索端末と目録、二つとも長所と短所があるので、この二つをうまく使いこなすことが文書館をうまく使いこなすコツです。

  

文書館

1.文書館とは/2.研究テーマ/3.古文書検索/4.持ち物/5.利用証/6.出納/7.撮影・コピー

8.国立国会図書館

関連記事

1.古文書用語辞典/2.候の用例辞典/3.古文書の記号/4.現代語を古文書用語に変換/5.変体仮名早見表