くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 文書館

文書館その5

利用証を作る

利用証

利用証
利用証_埼玉県立文書館

今更ですがご自宅から一番近い文書館はどこでしょうか。ほとんどの文書館がHPを持っているので、県名+文書館でネット検索すればサクッと見つかるはずです。しかし県内と言えど、自宅から遠く離れている場合がほとんどかと思います。古文書の研究というのは、机にかじついているイメージがありますが、これがまたなかなか足を使うのです。

初めて文書館を訪れたら(閲覧室の)受付で利用証を作ります。「閲覧許可申請書」等に氏名、住所、電話番号、閲覧目的等を記入すると、たぶん無料で利用証を発行してもらえます。閲覧目的を書かねばならないことからしても、研究テーマがないとやはり始まらないですね。利用証は有効期限(1年くらい)があると思います。次回からは利用証を持参し、期限が満了したら再発行してもらいましょう。

  

文書館

1.文書館とは/2.研究テーマ/3.古文書検索/4.持ち物/5.利用証/6.出納/7.撮影・コピー

8.国立国会図書館

関連記事

1.古文書用語辞典/2.候の用例辞典/3.古文書の記号/4.現代語を古文書用語に変換/5.変体仮名早見表