くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. コラム

コラムその5

もしも江戸時代の人がコロナに遭遇したら

多分こう!

生活

  • 守護神:霊獣・白澤(はくたく)。[註1,2]
  • 麦殿大明神:幕末の麻疹(はしか)の大流行の際に活躍。感染症くくりで麦殿に再び期待。
  • 医療:大儒・荻生徂徠先生『政談』曰く、たらい回しにされることも。(笑)
  • 仕事:年貢を納めるため、農民(人口の8割)は農業に従事。コロナで職を失う人は少数派。
  • 不要不急の外出:普段より滅多に村の外に出ない。[註3]
  • 旅行:代参講(だいさんこう/村の積み立て金)により、村の代表として生涯に一度、通行手形を持ち伊勢参宮。
  • 飲食店:テーブルはなく、対面で蕎麦をすするとかはない。
  • 酒:アルコール中毒になって、無宿にならないよう注意。
  • 賭博:もとより禁止。
  • 感染対策:もとより窓がない。
  • 自粛警察:五人組が組織されている。
  • マスコミ:瓦版。コロナを逆手に取り、笑いに変えて世直し?

政治

まとめ

こーしてみると、緊急事態宣言って天保の改革の焼き直しか、って思う節があります。コロナに遭遇しても江戸時代の村の人の暮らしは、恐らく普段と余り変わらない(笑)。となると現代人は、今の生活にちょーっと無理があるのかもしれません。一方幕府にとっては却って都合がいいかも。

幕末の内憂外患時、安政二年(1855)の大地震→七年後の文久二年(1862)麻疹の大流行→という流れが今と似ていることもあり、これを機に歴史を振り返る意義も大いにあるかと存じます。

  

補註

  1. 今話題のアマビエについては、私は今まで聞いたことがなかった。
  2. 首里城の有名な江戸時代の白澤之図が、2019年の火災から免れた奇跡からもその威力の程がわかるだろう。沖縄戦も首里城火災も免れた「神獣」_朝日新聞
  3. 裁判はお白洲まで遠く、徒歩で交通費もかかるので、地元の名主や和尚さんなどが仲裁に入るが基本。
  4. 人返しの法で帰村する人はまずいなかった。
  5. 幕藩体制=石高制で、お米作ってくれる人が大勢いないと幕府は成り立たない。

コラム

1.十返舎一九という男/2.江戸時代の婚カツ事情/3.御用留/4.90年代の本も、もはや古文書

5.もしも江戸時代の人がコロナに遭遇したら

関連記事

江戸時代の自然災害歴史に学ぶ大切さ組合村はしか童子退治図麻疹養生之おしえ