くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. コラム

コラムその2

江戸時代の婚カツ事情

江戸時代の合コン

江戸時代にも合コンがありました。その名も「嫁市」。これはお百姓さんの間で流行っていたのですが、未婚の男性と女性が集まって、相手を探す場が設けられておりました。当時、恋愛結婚も普通にありました。そして、離婚も勿論ありました。古文書を学び始めると、今の離婚届に当たる離縁状を結構、目にすることができると思います。それがまた、離婚が珍しくない証拠にもなります。離婚の理由は相手の浮気など、今と同じ様に理由も様々です。そして再婚もまた、珍しくないです。

やっぱりお金持ちがモテる?!

さて、江戸時代も現代と変わらず、お金を持っているお百姓さんの方がモテます。お金や田畑を余り持っていないと、お嫁さんが来てくれない場合が多々あります。江戸中後期は特に皆貧しく、独身男性も珍しくありませんでした。女の人も、結婚式にかかる費用、その後の生活費を含め、嫁ぐ前からある程度お金を用意しておく必要がありました。

若者組という存在

江戸時代の村社会ですと、結婚の許しを両親は元より、その村の若者組(村の青年男性が集まって組織されるもの)にも承諾を得ることが大切になります。若者組の承諾を得ずに結婚すると、結婚式当日に若者組から石を投げつけられるので、気をつけなければなりません。以上、現代ととてもよく似ている所もあれば、違う所もある、江戸時代の婚カツ事情でした。

  

コラム

1.90年代の本も、もはや古文書/2.御用留/3.江戸時代の婚カツ事情/4.十返舎一九という男

関連記事

江戸時代の女性の名前女手形人別送り状その1,その2奉公人請状(たみ) 解読文,解説済口証文

父親中心の子育て仮の親子関係子供は村の子子育てネットワーク

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌/4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし

6.お稽古事/7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差/11.音楽活動/12.結納

13.結婚式/14.安産の秘訣1 15.秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得/18.見た目より心