くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 資料集
  3. 荻生徂徠・政談

荻生徂徠・政談その12

金で物を買う将軍

商人の天下になった江戸時代

徂徠は政談(巻二)で、都市・江戸の人々だけでなく将軍さえも旅宿の生活をしていると嘆いています。どういうことでしょうか?引き続き徂徠の主張を見ていきましょう。

将軍たるもの直に注文すべし

「幕府の身の上も同じく旅宿の仕組みである。その詳細はなにもかも皆、物をお買い上げして御用を調えられることにより、旅宿の仕組みなのである。

総じて、日本と中国ともに、天下を治められる上では、お買い上げと言うことはないことである。大名などの村里、他国の御城下に勤番して居るのは、旅宿の生活なので買い上げることは最もなことである。

天下を治められる上は、日本国中は皆、将軍のものである。なにもかも皆、そのものを直にご注文なされば、お買い上げと言うことはないはずである。

物を買うと言うのは、元来、人の物だから、タダでは取れないので、代わりを出して取るのである。

日本国中は、皆、将軍のものなれば、なにもかも日本国中より出るものは、将軍のものであるのに、人の物と思いあそばせて、金を出して買い調えることは大いなる間違いである。これは天下を治めても、やはり大名の仕組みである。」

家康公時代のやり方をズルズル引きずる

「その起こりは、家康公が関東御入国の時はいまだ一大名であられて、関ヶ原の戦いから大坂の陣までは天下の諸大名は遠い所より帰服奉ったけれども、いまだ天下を治められたと言う名目はつけられず、御制度を定めることができなかった。

大坂の陣の翌年、家康公がお亡くなりになられたならば、天下を治められても、制度を立てる間がなかった。時が過ぎ、それ以後に至っては、国の政治に携わる人々は皆、学問がなく、日本と中国の古法に暗いので、やはり一大名であった時のやり方を正しいと思って、今でもそのやり方で国の政治を行うことにより、このような誤りがある。

されば、幕府領、私領ともに一年の年貢の米を食料の分だけ残して、その外はことごとく売り払い、金にして、これに諸国の物を買い整えて、日夜朝暮の用を足すこと、これは当時の武家の行いである。」

商人の天下

「金で諸事の物を買い整えなければ、一日も暮らせないので、商人がなくては武家は成り立たない。諸事の物は皆、商人の手にある。

それを金を出し、貰いうけて用を足すので、値段の高下の押し問答はあっても、望まないのに無理に買い取ることはないので、つまり値段は商人のいい値次第で、いくらであっても急を要する場合は買わなければならないことは武家が皆、旅宿の境遇だからである。

商人が大きな利益を得ること、これが百年以来ほど盛んなことは、幕府開闢(かいびゃく)以来、異国にも日本にもないことである。」

米より金が大事の武家

「諸国の商工は御城下に集まって来て、町の住居は夥しくなり、北は千住より南は品川まで立ち続けることにより、どのようなことも手詰まりになることはなく、どれ程の大そうなこともたちまちのうちに調って、自由便利なことは例えようがない。

このように御城下は、所持につき自由な所な上に、せわしい風俗と制度がないこと、二つを加えているので、武家の輩は米を尊ぶ心がなくなり、金を大切な物と思い、これによって身の上は商人に吸い取られ、武家は日々困窮している。」

  

政談の現代語訳について

当サイトの政談の現代語訳は、吉川 幸次郎, 丸山 真男, 西田 太一郎, 辻 達也 (著)『日本思想大系〈36〉荻生徂徠 (1973年) 』(岩波書店、1973年)をもとに当サイトの運営者が現代語訳しました。

その際、荻生 徂徠 (著), 尾藤 正英 (翻訳)『荻生徂徠「政談」 (講談社学術文庫) 』(講談社、2013年)も参考にさせていただきました。

荻生徂徠・政談

1.荻生徂徠とは/2.政談とは/3.譜代と出替り奉公人/4.旅宿暮らしの武家

5.武家は田舎に居住すべし!/6.江戸の医者の特徴/7.城下町居住の理由

8.外様と譜代の違い/9.貧困問題について/10.歴史に学べ!

11.貧困を救う道/ 12.金で物を買う将軍/13.スピード社会・江戸

14.スピード重視の家作り/15.衣服の制度がない/16.上に立つ者の品格

17.代官とは/18.御徒・与力とは/19.人の器とは

関連リンク

江戸時代の生活と文化

武士の俸禄の種類年貢米の納め方村のしくみ宿駅のしくみ

組合村小組合大組合

江戸時代の繋がりと地域社会

1.はじめに/2.年貢の課せられ方/3.村の組織図/4.五人組の役割

5.男性家長の役割/6.地域で支え合う介護/7.老後の生活

8.父親中心の子育て/9.仮の親子関係/10.子供は村の子

11.子育てネットワーク/12.超個人主義の果てに

女大学

1.女大学とは/2.歴史上の女性/3.近江八景と和歌

4.女性の手習い/5.洗濯、しわ伸ばし/6.お稽古事

7.裁縫の仕事/8.髪・化粧/9.子育て/10.身分格差

11.音楽活動/12.結納/13.結婚式/14.安産の秘訣1

15.安産の秘訣2/16.親の教え/17.娘を持つ親の心得

18.見た目より心