くずし字で楽しむ江戸時代の暮らしと文化

古文書ネット

  1. HOME
  2. 解読講座
  3. 例文集

例文集その1

古文書例文 1~3

史料

例1 例2 例3
例1:候得者は、「~しましたら」の意味。払は拂のくずし字。 例2:意味は「元々人数の少ない村のうえ、」。少は「お」の横棒を外したような、くずし方をする。 例3:出る、来るなどの動詞の前に罷がつくと、丁寧な言い方になる。

ひとくちメモ

例2の人数、例3の奉公は頻出用語なので覚えておくと便利です。例3の「者」は助詞の「は」で、意味は現代と同じです。

  

古文書例文集

例文1~3/例文4~6例文7~9例文10~12

関連記事

証文・手形など

1.男手形 解読文,2.解説/3.女手形/4.離縁状 解読文,5.解説/6.人別送り状その1/7.人別送り状その2

8.奉公人請状1-1 解読文,9.1-2解説/10.奉公人請状2-1,11.2-2,12.2-3/13.済口証文/14.金子証文

15.質地証文 解読文,16.解説/17.年貢定免請状/18.村絵図とは,19.右側解読,20.左側解読

21.急廻状請取り